画像の説明


性別移行初期のトイレで混乱した話

性別移行初期のトイレエピソード


『性別移行初期のトイレエピソード』

こんにちは ちぃです
 
前に性別移行する上で焦ったエピソードはありますか?という質問があり、思い返してみたらこの「トイレエピソード」は焦ったかなーと。
 
性別移行初期のころ……といっても、まだまだ社会的には男子として生活していたころ。
 
個人的には「男性が女性装をしている」と思われたくないという感情が強くて、必要以上にメイクや服装、髪型を女性的することに抵抗があったのです。
 
するなら土台ができてからとか思ってました。
 
言うなれば性別移行する準備期間として、美容とかいろいろなことをして土台を整えていた時期……だったと思います。
 
なので外に出るときはスッピン(日焼け止めくらいは使用してたけど)、服装もいわゆるユニセックスな服装(男性的な服も着たくないし、女性的な服を着ると「女装」と言われると思っていたので)、
 
髪形は男子にしては少し長いくらい……というよりも伸ばし途中だったので、整ったヘアスタイルではなかったです。
 
こんなスタイルなので、私個人としては女性的だとも思ってなければ、女装をしているとも思っておらず、むしろ「男子!」というスタイルだったと思います。
 
そんな外出中に急にトイレに行きたくなって、公衆トイレを使用する際、もちろん自分を社会的に見て「男子だ!」と思っているので使用するのは、当然「男子トイレ」
 
その男子トイレに入ろうとした際に男性から「そっち男子トイレですよ?」と言われ、ウチパニック
 
男子と思われなかったこととか、どーしろと!?という感情だったりとかでパニック
 
そして何故か「え!すみません!」と謝る。
 
このたった一回のエピソードで、これ以降外出先でのトイレは控えるようになり、しばらくは我慢する日々が続きましたね。
 
そんなウチのトイレエピソード。
 
それから苦なく公衆トイレを使用できるようになるのは友人知人家族の助けがあったからですね(*ゝω・*)
 
そのはなしはまたいつか
 
ではでは
続きを読む

ノンセクシュアル(用語解説)

ノンセクシュアル

『ノンセクシュアル』

こんにちは ちぃです

今回は『ノンセクシュアル』というセクシュアリティについて説明したいと思います。

Aセクシュアルについてはこちら→『Aセクシュアル

ノンセクシュアル(非性愛者)は恋愛感情はあるが、性的欲求が(ほぼ)ないセクシュアリティのことで、

その「性的欲求が(ほぼ)ない」という部分は「性嫌悪」なのか「無欲」「無関心」なのか、他にもいろいろ当事者によってまちまち。

※性的欲求がないことと性嫌悪とは分けて考えるケースもあります

よくAセクシュアルと混同されるけど、恋愛感情も(ほぼ)ないセクシュアリティのAセクシュアルに対して、ノンセクシュアルは恋愛感情の有無は問わない。

なので「ゲイでノンセクシュアル」や「バイセクシュアルでノンセクシュアル」なんてこともありうるのですね(*'▽'*)

ちなみにこの「ノンセクシュアル」という表現は日本独特で英語圏にはありません

「性的欲求がないセクシュアリティ」のことを英語圏では「asexual」というので、

日本語の「ノンセクシュアル」が英語圏の「asexual」という感じです(*┃∀┃*)

※日本語でいう「Aセクシュアル」と英語圏の「asexual」はちょっと違うので注意

詳しくは別記事『アロマンティック・アセクシュアル』も合わせて読んでみてください。
→『アロマンティック・アセクシュアル

ロマンティックとセクシュアルを使い分ければ「ゲイでノンセクシュアル」や「バイセクシュアルでノンセクシュアル」も表現出来ちゃったりしますんで(*゜▽゜)ノ

さて「ノンセクシュアル」に話を戻して、性的欲求が(ほぼ)ないというセクシュアリティも悩ましいことが多く、「性欲があるのは健康的」「経験すれば治る」などなど『性欲主義』や『無理解』もあるみたいですね。

ウチもAセクシュアル(恋愛感情も性的欲求も(ほぼ)ない)の友人と話すと、自分や世間がいかに「恋愛主義」や「性欲主義」な部分に塗れているかを思い知らされます(-ω-;)

個人的には世の『恋愛至上主義』や『(恋愛要素の強い)婚姻制度』について考えるいいキッカケかなと思っています(*ゝω・*)

ではでは
続きを読む

自分史と記憶

自分史と記憶

『自分史と記憶』

こんにちは ちぃです

性同一性障害者の診断の際に『自分史』というものを作成します。

内容としてはこれまでの自身を性別違和についてや性役割についてなどと絡めつつ振り返り、文章にすることで、医師やカウンセラーの判断材料のひとつにされます。

それと同時に当人も過去を振り返ることにより自身を見つめ直す効果もあるようです。

作成方法は様々で、医師やカウンセラー側から「作ってきて」と言われることもありますが、私の場合は医師の聞き取り調査により医師が作成しました。

内容も各々の医療機関で変わっているので、コレ!といったテンプレートみたいなのはないと思います。

しかしそんな自分史ですが、過去の自分を振り返るということもあり、苦しかったこと、悩んだこと、辛かったことなどを文字にしなければならないので、中にはこの作業がかなり苦痛に感じたり、ものすごく時間がかかってしまったりする人もいるとか。

そんな自分史ですが、実は私の場合は医療機関にかかる前に「一度自分を振り返っておこう」くらいな軽い気持ちで自分を作成したことがあります。

私自身はむしろ「この年齢まで誤魔化しながらやってこられたんだから、言うほど性別違和エピソードはないだろう」とか思ってました。

しかしいざ自身を振り返ってみると出てくる出てくる性別違和エピソード

あまりにもイヤなエピソードだったので、記憶に蓋をしてしまって、自ら無意識に忘れようとしていたようです。

なので特に二次性徴や思春期真っ只中の小学校後半や中学校の記憶は思い出すのに、ものすごく苦労しました。

ぶっちゃけまだ気持ち的に整理が付けられていないエピソードもあるくらい(笑)

また自分が覚えていない、もしくは忘れていても、当時の友人や家族など周りの人が「性別違和エピソード」を覚えていたりして、

当人なのに「え?そんなことあった?」ってなったこともしばしば。

ただいろいろ診察前に自分を振り返ってたこともあって、本番の診察の時は個人的にかなりスムーズに作成できたと思います。

…………記憶から抹消したいような性別違和エピソードって今考えるとよっぽどのことなんだなぁとしみじみ(-ω-;)

ではでは
続きを読む

▼英語版 花嫁は元男子。▼

※ブログで使用している画像・イラストの無断転載はご遠慮ください。

▼その他創作活動▼
■世界でいちばんパパたちが好き!■
■おばけ学校の日常■

お問い合わせの際は下記のメールアドレスまで

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
yomedan.chii@gmail.com