ゲイ&レズビアン

『ゲイ&レズビアン』

今回は用語解説というかなんというか。。。

レズビアン(lesbian)は女性同性愛者のことですね、それ以上でもそれ以外でもないというか。。。昔はダイクと呼んでいた時期もあったようですが、時代の移り変わりとともにレズビアンに落ち着きました。

続きまして、ゲイ(gey)。現代の日本ではもっぱら男性同性愛者のことですね。ただ英語圏における「ゲイ」はそうとは限らず、形容詞及び名詞として用いられ、主に同性愛者全体やそれに関わる人や行動、或いは文化を表現したりします。

海外の選挙とか演説とか見てると「LGBT」とかよりも頻繁に「ゲイ」って単語が使われるし、その意味合いは形容詞及び名詞的な感じで、男性同性愛というよりは同性愛者全体だったりを指してること多いですねえ。

たまにそれを知らないで「gey」をそのまま「(男性同性愛の意味の)ゲイ」と訳してる人がいてチンプンカンプンな訳になってる人も見かける。

そしてよく聞かれる「ホモ」や「百合」って言葉もあるけれど、確かに同性愛者を指す言葉っていろいろあるんですよね。

パッと思いつくだけでも「ホモ」「レズ」「ビアン」「薔薇」「百合」「やおい」「BL」「GL」などなど。。。どれを使ったらいいの?という質問をたまにいただきますが、

公的な場では男性同性愛者を指す場合は「ゲイ」女性同性愛者を「レズビアン」同性愛者全体を指したい場合は「ゲイ&レズビアン」か単に「同性愛者」が無難にベスト。

以前日本の政治家さんがレズビアンを略した言葉の「レズ」という単語を使っていて、ちょっと問題視されていました※「レズ」は差別的な意味合いがある場合もあるのでオフィシャルな場では避けるが吉

同性愛全体を見れば、歴史も長く、とても一言では言い表せられないので、気になったらちょっと調べてみるのも面白いと思います!

そういえば私が学生の頃、女性同士の恋愛を詠った和歌だったか短歌だったかの研究をしてる人がいたなー……研究っていうか多分アレ半分趣味だな。。。

ではでは
用語解説よめだん
Twitterよめだん