それぞれのバレンタインデーの思い出


『それぞれのバレンタインの思い出』

こんにちは ちぃですヽ(*'∀'*)ノ

私のバレンタインの思い出と言えば、好きな男子にあげたり告白したりしてる女子を横目に、ただただ羨ましかった思い出です。

どうしても日本のバレンタインとなると「女の子から男の子に」というイメージが強くなりますから、男子だったウチはそれに参加できなくて、ちょっと寂しいというかなんというかw

ただ、全くイベントに参加しなかったわけでもなく、バレンタインチョコ作りとかは楽しんでましたね。お菓子作りは好きな方だったので。

ゲイの友人は女の子からの本命チョコに困惑したの思い出が印象的だったようです。

ゲイの友人自体はバレンタインイベントに参加しない人らしいのですが、こういう形で強制参加もあるんですねぇ。

告白も一生懸命さや誠実さが伝わる分、断り方も慎重になるようです。

Aセクくんは恋愛感の強いイベントなので、ちょっと戸惑うようですね。とくに義理やらなんやらで巻き込まれがちなので、そのたびに「巻き込まないでほしい」と思ってしまうようですね。

そんな中、夫くんはチョコレートが好きなので、バレンタイン時期は毎年、女性に囲まれながらも、デパートやなんかのチョコ売り場をチェックするそうです。

自分用ってヤツですかね?

んで、バレンタイン翌日のセール品もチェックするのだとかw

結婚してからは私がバレンタイン系のデザートを作るので、売り場チェックもセール品漁りもしなくなりました……個人的には別物だと思うんですけどねぇ。。。 

ちなみに私もチョコレートが好きなので、バレンタインイベントそのものは大好きです☆

すべての人に!ハッピーバレンタイン!

ではではノシ