特例法現に未成年の子がいないこと

『特例法/現に未成年の子がいないこと』

こんにちは ちぃです(*┃∀┃*)ノ

性同一性障害特例法には『現に未成年の子がいないこと』とあります。

当初は『現に子がいないこと』でしたが、いろいろあって改正しました。

いわゆる『子ナシ要件』と呼ばれる条件ですね。

この条件の持つ意味合いは

『子の混乱を避けるため』

『子の福祉の問題』

『子がいる者が安易に性別移行しないための抑止面』

などですが、どれも個人的にはイマイチな理由だと思います。

現に子の混乱を避けるため、子のことを考え望みの性で就職するために、戸籍の性別を変更したい人もいるし、むしろこの条件故に戸籍の性別変更ができず、就職困難になってしまう人も少なくないのも現状です。

割りと子と性別移行はあまり関係なく、子が未成年でも性別移行する人はするし、この条件がなくても、子が成人するまで待つ人は待つだけだと思います。

なので、あまり抑止力にもなってないという……(´-ω-`)

その他さまざまな理由から「子どものことを考えるのならば『子なし要件』は不要」という意見は強いです。

そもそも子がいるかいないかの条件自体が「人権的に問題がある」とも言われていますね。

ではその他の国や地域ではどうなのだろう、参考になるかもしれないと思って見てみると、この「子なし要件」というのは日本ならではで、海外の事例が参考になりゃしないというのも現状(;^_^A

しかしそんな子なし要件、性別変更の特例法制定後「問答無用で子がいる人の戸籍の性別変更は認められない」から「未成年の子どもがいる人の戸籍の性別変更は認められない」に修正された唯一の条件でもあります(2017年現在)

まだ「未成年の……」となっている以上は手放しで喜べない条件ですが、この修正で救われた人は多くいます。

この条件のエピソードは戸田恵子さん主演『ママは昔パパだった』というドラマでも題材にされました。

興味があるかたはそちらも是非チェックしてみてください(*┃∀┃*)

ではでは(*┃ω┃*)ノシ
特例法


Twitterよめだん

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ