同居人レズビアン


あらすじ

彼女の恋の一部始終。

彼女の名は牧村朝子、通称「まきむぅ」。職業はタレント。

ある日彼女はこう言った。

「私、早く彼女が欲しいな~」

そう、彼女は「レズビアン」だったのだ。
やがて“運命の人"森ガ(フランス人)と出会ったまきむぅ。

なんとフランスで「結婚」までするそうな! ?

幸せいっぱいに見えるふたり、でもその過程には当然悲喜こもごもが……。

元同居人みきによる、独断と偏見と愛に満ちた(?)恋愛観察日記。

牧村朝子公式ブログで人気を博した連載漫画の書き下ろし書籍化!



同居人レズビアン-
引用:『同居人の美少女がレズビアンだった件』小池みき/牧村朝子


感想

こちらは、小池みきさんから見た同居人 牧村朝子さんの物語を4コママンガ化したものです。

「33人が同居するシェアハウス」「国際結婚」「レズビアン」この3つがテーマかなと思います。

他にも「タレント」「キャラクター」「著者自身」など魅力的な要素がたくさんありました。

もちろん濃さでいえば「国際結婚」と「レズビアン」の部分がメインなのですが、そのほかの部分も味があって面白いです。

基本的に1ページ1つの4コマの連続で特に章を設けていないので、一気に読む読みやすさは強みだと思います。

とくに難しい用語を使ってるわけでもないので、ほとんど用語解説をすることもなく、とめどなく物語が進行するので、セクシュアリティ関連の本と気を負わず、楽な気持ちで読めるかと思います。

このコミックエッセイは、友情や出会い、そして愛し合うということについてのメッセージ性が強いので、ひょっとしたら「レズビアン」という要素は物語において、大事なおまけ要素なのかもしれませんね。

関連作品

合わせて、牧村朝子さん×小池みきさんによる書籍もどうぞ。
こちらは文字が中心でですが、読みやすく、マンガや会話形式になっていたりと読みやすいのでぜひ。

lgbts


Twitterよめだん

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ