病院に行く前に

『病院に行く前に』

【性同一性障害かどうか診てもらうために病院に行きたいのですが「性同一性障害ではない」と言われるのではないかと思うと怖いです】

わかります。性同一性障害に限らずだけど、自分の性への違和感とかに対して明確に名がつけられると安心すると同時に、違うと否定されると不安やら悲観やらが入り混じりますよね。

ただ、これは「性同一性障害の診断」に限って言えることですが、クリニックなどに通った結果ただ単に「性同一性障害ではありません」と言われることは、かなり少ないと思います。

基本的に性同一性障害の診断は除外診断なので、あーでもないこーでもない、これはもう性同一性障害だろうねって感じで診断します。なので性同一性障害でないと分かる場合、それと同時に『性別違和の原因』も分かるしくみなので、ただ単に性同一性障害を否定されることはないのかなって。

もしただ単に「性同一性障害ではない」なんて言われたら、別のクリニックに行くのが吉。

こういうこともあって【性同一性障害の診断】ってどういうものなのか、どういうこと(検査など)するのか、知っておくといいかなって思います……意外と知らないで「精神科(心療内科)ならどこでもいい」と思っている人も多いですし。

個人的アドバイスとしては、精神科や心療内科とは言えど、こころを診て診断するワケではなく、検査やカウントダウンに基いて診断するので、当然、目に見える部分でも判断されることも多いよってことかな。

あとは【病院・クリニック】ですね。

確かに『性同一性障害の治療ガイドライン』というのは存在しますが、必ずしもそのガイドラインに沿って治療するとは限らず、病院やクリニックによって、性同一性障害に対する対応はまちまち。

中には『性同一性障害の診断は一切しません』ってところもあるし『ガイドラインに沿ってやるから、フライングした人はお断り』なんてところも。

私自身が見聞きしたので言えば『精神緩和が目的で、治療まではしないよ』『診断書は書けるけど、ホルモン治療や手術の病院は自分で見つけてね』『予約制で2年待ちだよ』『診てもいいけど、ジェンダークリニックから紹介状もらってきて』などなど。

あとは前もって電話で性同一性障害を診てもらえるかを確認したのにいざ行ったら診てもらえなかったとか、反対に検査もなにもせずに診断書をポーンって出すところも。

今思うと病院探しからハードモード。……今思わなくてもハードモード

割と私の場合は門前払いが当たり前で、何度も何度も病院を変わりました。

ダメだなと思ったらすぐ新しい病院を探して、何度も何度も病院をめぐって、結果、診断とホルモン治療を一緒に診てくれるクリニックに巡り合えて本当に幸運だと思います。

本当、病院探しからハードモード。

ではではノシ
性別移行


Twitterよめだん

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ セクシャルマイノリティへ