セクシュアリティの自認@Aセクくん
『セクシュアリティの自認@Aセクくん』

【自身のセクシュアリティを自認したのはいつですか?またそのきっかけは?】

という質問で、今回は恋愛感情や性欲がほぼないセクシュアリティのAセクくんに答えていただきました。

回答は「18歳の春頃、ネットでAセクシュアルを知ったときにそれまでの自分に納得した。」とのことです。

それまでも「周りの人と恋愛や性に関して、なにか違う」とは思ってたようで、そう気づいたのは16歳の頃で、はじめは恋愛感情や性欲がない自分を当時は「欠陥品」と自分を責めていた時期もあるそうです。

そんなとき、ネットでAセクシュアルという言葉を知り、同性異性関係なく、恋愛的感情が湧かない、性的欲求も抱かないというセクシュアリティがあるんだと知り、それまでの自分に納得したらしいです。

本人は「それで何かが解決したワケではないけど、将来展望もしやすくなったし、ネットでAセクシュアル同士の繋がりも出来て、何も知らなかった頃より楽」だそうです。

彼の言う将来展望ですが、Aセクシュアルを知る前は漠然といつか恋愛感情を持って、結婚とかして、性欲も出てきて、子どもを持って、という将来展望をしていたそうですが、今は「ひとり身」を視野に入れることができたらしいです。

ちなみに今は自身を「欠陥品」だとはこれっぽっちも思ってないそうです。

個人的には「欠陥品」ってワードは、かなりヘビーなワードだったんですよー( ̄▽ ̄;)

いずれにしても、今は前向きな感じなので良かったです。

今回の質問は元男子で異性愛者である私ゲイの友人も回答していますので、そちらもぜひ!