虹の彼方に

『虹の彼方に』

多彩なアイデンティティを示すレインボーカラーはLGBTsのシンボルカラーとなっていて、イベントではレインボーフラッグが飾られることが多いですね。

このレインボーフラッグをデザインしたベイカーさんはそれまでのシンボルであったピンクトライアングル(ナチスドイツ時代ホロコーストによる強制収容の際に男性同性愛者の識別胸章)に代わるLGBTs発信のもっとポジティブなシンボルが必要だとしてこのレインボーフラッグをデザインしました。

そこで『なんでレインボー?』と言われることがあります。「確かにいいモチーフだけど、なんでレインボーなの?」と。

諸説ありますが、一番よく言われているのは『ジュディ・ガーランドの名曲「虹の彼方に(over the rainbow)」から着想した』というもの。

では「なんで『虹の彼方に』から?」と質問が上がってくると思います。

もともとジュディさんは当時のゲイ&レズビアンから絶大な人気を誇り、またジュディさん自身もゲイ&レズビアンを支持していたと言われています。

そんなジュディさんの代表作『オズの魔法使』のドロシー役で歌った『虹の彼方に(over the rainbow)』はピッタリのモチーフだったのだと思います。

ちなみに当時の隠語でゲイ&レズビアンの人たちを「ジュディのお友達(ドロシーのお友達)」と言っていたそうです。

そのくらい当時のLGBTsシーンにジュディ・ガーランドさんは密接に関係していたんですね。

まだまだ逸話はありますが、それはまた別の機会に。

さてそんな名曲「虹の彼方に(over the rainbow)」ですが、映画「ミルク」や各イベントをはじめ、いろんなLGBTsシーンに使用されており、中には「そういえばかかってた!」っていう人もいるかもしれませんね。

世界はカラフルに彩られている!