シスジェンダーとシスヘテロ

『シスジェンダーとシスヘテロ』

※4コマでは分かりやすさを優先させるために「Xジェンダー」や「バイセクシュアル」など他のセクシュアリティ&ジェンダーはあえて図に入れてません。ご了承ください。

最近よくLGBTs関連で見る「シスジェンダー」「シスヘテロ」という言葉。

意味合い的には、

シスヘテロ→性違和もなく、性別移行もしてない異性愛者のこと

シスジェンダー→性違和がない人、性別移行をしてない人、する必要がない人

ちょっと小難しい説明をすると、生まれた時に診断された身体的性別と自分の性自認が一致し、 それに従って生きる人のことをさす。…みたいの感じです。

よく単に「シス」って言ってる人は「シスジェンダー」のことを指してることが多い印象ですね。

実はシスジェンダーという言葉ができるまでちゃんとした「トランスジェンダーではない人」を表す言葉がなかったそうです。

つまりトランスジェンダーに対をなす目的で作られた言葉みたいですね。

そしてそこから「非トランスジェンダーで異性愛者」を表す言葉として「シスヘテロ」が誕生したそうです。

これはシスジェンダーとヘテロセクシュアルをくっつけて作られた造語らしいですね。

……これは英語圏でも使われてる言葉なのかな(-ω-;)

あと似た言葉で「シストランス」という用語もあるのですが、どうも科学方面の専門用語らしいので、ジェンダー関連ではないみたいですw

トランスという言葉があるから何やらトランスジェンダー関連かな?と思いきや全然違うというねw