ボーイ★スカート


あらすじ内容紹介

おれはスカート穿く男子高校生。

「おれ今までスカートは女しか穿いちゃダメだと思ってた」

2年D組の桃井太一(17)がスカートを穿いてきたのはとある夏の日のこと。
年上の彼女がいて、優等生の彼の突然の〝乱心〟にどよめくクラスメイトと先生たち。
唯一、それを面白がるのは風変わりな女子・白井さん。

「女装したいってこと?」
「ぜんぜんちがう」

スカート少年の不自由と恋をユーモラスに描く青春白書。

感想

今回はスカートを履く男子高校生の物語「ボーイ☆スカート」のご紹介!

こちらの作品はオススメされて読ませていただきましたが、とても面白く「スカート」という装いから見る男子ファッションの世界。一巻完結なので手軽で読みやすいです。

内容はあらすじの通りですが、それ以上に「スカート」というモノにスポットを当てていて、スカートに対して主人公の桃井くんをはじめ、ともだちの白井さん、彼女の水先輩が翻弄されるままは読んでいて、どこか考えさせられたり、もやもやしたり、スッキリしたり。

スカートを履きたい男の子

「ただおれは おれのままで スカートを履いて歩きたかっただけ」

主人公の桃井くんは突然スカートを履いてきたことで「女装趣味」を疑われたり「性同一性障害」や「トランスジェンダー」とまで言われますが、本人はそういう意思はなく、ただスカートをカッコ良く着こなしたいだけだという。

「スカートは女性だけのものか」「なぜ男性はスカートを履いてはいけないのか」というのはある種永遠に近い課題ですよね。

確かに民族衣装の中にはスカートやそれに近いものを男性も身にまといますが、それはスカートの様でスカートではないし、結局スカートは女性だけのものだからか?いやいやそう決めつけるのもおかしいし・・・とかなりの堂々巡りになってしまいます。

「服(よそおい)というものは一種の暴力だから」

これは桃井くんがスカートを履くきっかけになった「スカートおじさん」のセリフ。

このセリフの真意はマンガ本編で確認してもらった方が早いのですが、服が暴力とは言い得て妙だなと感じました。

しかしそれは服や装いに限らず、その他すべてに当てはまることでもあって、それでいて曲げられないものでもあったりする。

ここのスカートおじさんと桃井くんの会話は物語の中でも一番好きなシーンであり、注目ポイントかなと思います。

そしてラストは「文化祭」

桃井くんたちのクラスは一風変わった「女装カフェ」をすることになるのですが……そこらへんはあまりネタバレしたくないのですが、桃井くんは彼女の水先輩とスカート姿で並んで歩くことができるのかの部分も注目してもらいたいですね。

スカートと私

ちょっと個人的なスカートの思い出というか、私はかなり大きくなるまでスカートというのも経験せずにいましたが、スカートを履くというのは想像とはまるで違う感覚でした。

思ったより寒いとか暑いとか、階段の上り下りや椅子に座るときとか、かなりの場面でスカートを気にすることもあって、漠然と「スカートって大変だなぁ」と思ったのを覚えています。

私自身はファッションに無頓着ですが、スカートはかなりの頻度で履きます。その理由はやっぱり「そういうファッションだから」とかそんな理由であるのかなって思います。

……そもそもスカートを履く理由なんて考えたこともなかったかも。

まとめ

話を戻してスカートを履く男子高校生の桃井くんのスカート姿…カッコいいです!

個人的にスカート=可愛いものみたいなイメージがどこかにあったんですが、スカートってかっこよくもあるんだなって思いました。

決して桃井くんは外見が女性的であるとかではなく、筋張った腕や脚、骨格、体の線、そのスカート姿は男性であって、とてもスマートでとてもかっこいい。

そんなことを思える作品でした!