バイフォビックなこと

『バイフォビックなこと』

バイフォビアについては以前触れましたが、ではバイフォビアってどんなの?ってところを掘り下げたいと思います。

挙げだすとキリがないので「こんな感じの」くらいなのを。

[1]世の中には「異性愛者」と「同性愛者」しかいないと思っている。
[2]バイセクシュアルは同性愛・異性愛のいずれかに移行するための途中だと思っている。
[3]バイセクシュアルが異性と恋愛関係になれば異性愛者に、同性と恋愛関係になれば同性愛者になると思っている。
[4]バイセクシュアルの人が性感染症を他のセクシュアリティの人に広めていると思っている。
[5]バイセクシュアルの人は優柔不断だと思っている。優柔不断なセクシュアリティだと思っている。
[6]バイセクシュアルは性交渉において複数プレイを楽しんでいる、またそこに交じらせてもらえると思っている。
[7]仲睦まじいカップルがいて、それが男女なら「ヘテロ(異性愛者)」、男性同士なら「ゲイ」、女性同士なら「レズビアン」だと決めつける。
[8]バイセクシュアルはいいとこ取りをしたいのだと思っている。
[9]「バイセクシュアル」を蔑称のように使用する。
[10]バイセクシュアルの人は「混乱しているだけ」だと思っている。
[11]バイセクシュアルが選択を迫られたら、世間体や社会的利益などを考えて異性の人とカップルになることを選ぶはずだと思っている。
[12]バイセクシュアルは"本当の"ゲイ、レズビアン、ヘテロじゃないから信用できないと思っている。
[13]バイセクシュアルと公言するのは、その方がウケがいいからだと思っている。
[14]異性との交際歴や恋愛経験がある同性愛者をバイセクシュアルと、若しくは、同性との交際歴や恋愛関係がある異性愛者をバイセクシュアルと決めつける。

などなどこんな感じ。ここから「嫌悪」や「憎悪」「拒否」もっとひどくて「攻撃」などに繋がったら、完全にバイフォビアって感じかと思います。

いや、実は童も男男のカップルを見ると、ゲイじゃなくてバイセクシュアルかもだけど「あ、ゲイカプかー」と思っちゃうんですよね。

こういった細かいところがダメなのかなって思いますねぇ。

こうして見てみるとフォビアと言ってるからって「嫌悪」というよりも、その多くが『誤解』なんですね。

上記のバイフォビアの文章の「~と思っている。」で終わる文章はすべて誤解です。

私も全く心当たりがないかといったら、そうではないので今一度、自分の行動を振り返ってみようと思います。