「ホモ」「レズ」などの蔑称について

『「ホモ」「レズ」などの蔑称について』

日本では男性同性愛者の意味で使われる『ホモ』と女性同性愛者の意味で使われる『レズ』は、他にも『オカマ』過去に差別的な意味合いで使われていた時代があるため、蔑称とされています。

では、なんと呼ぶのが正しいのか。

男性同性愛者は【ゲイ】
※ゲイと呼ばれるのを嫌がる当事者もいますが、ここでは広く使われている『ゲイ』とさせてください。

女性同性愛者は【レズビアン】、略称で呼びたい場合は【ビアン】が望ましい。
※ビアンと呼ばれるのを嫌がる当事者もいますが、ここでは蔑称ではない『ビアン』とさせてください。

【オカマ】とか【オネエ】に関しては幅広すぎて言い換えは難しいですね。

ただ最近のゲイやレズビアンの人の話を聞くと「気にしない!」という当事者も多いのも事実。自分で「ホモ」「レズ」っていう分にはいいけど、他の人から言われるのはイヤという人も多い、それでも現段階では蔑称となっている『ホモ』『レズ』は避けるのが望ましいでしょうね。

『ホモ』『レズ』とはちょっと違うけど、『BL』や『百合』はどうなのか?
※『BL』→ボーイズラブの略で男子と男子がイチャコラする作品など
※『百合』→女子と女子とイチャコラする作品など

全体は分かりませんが、少なくてもゲイの友人はBLと呼ばれることに嫌悪感を抱くようです。

BLにしても百合にしても、どちらかというと創作物的側面が強いですからね。

ちなみにゲイの友人曰く『ホモスレ』『ホモォ』くらいなら全然いいけど、ネットに蔓延する『#ことわざの一部をホモに変えると恐ろしい』などの同性愛者を笑い者にする風潮だけは許せないそうです。
※あくまでもゲイの友人の意見でゲイの人がみんなそう思ってるわけではありません。

『ホモ』『レズ』が蔑称だなんて知らなかった!って人は改めて自分の言葉を見直してみるといいかもですね。