「S」「G」「R」「M」「D」
『「S」「G」「R」「M」「D」』

なんかいっぱい単語があるけれど「こんなのもあるんだー」程度に思ってくれたら幸いです。

性的マイノリティはかなり幅広すぎるし、LGBTはかなり限定的で使いづらい。LGBT+やLGBTsもあるけれど、もっと他に表現方法ないものか。……と考える人もいるかと思います。

そこで「S」「G」「R」「M」「D」のアルファベットを組み合わせて表現する方法をご紹介します。

まずそれぞれのアルファベットの意味から説明すると……

「S」sexuality(セクシュアリティ)、性的指向を含むこともある

「G」gender(ジェンダー)、性自認を含むこともある

「R」romantic(ロマンティッ)、恋愛指向のこと



「M」minoritys(マイノリティ)、社会的少数派(者)

「D」diversity(ダイダーシティ)、多様性のこと

他にも「SO」はsexuality orientation(性的指向)や「GI」のgender identity(性自認、性同一性、ジェンダーアイデンティティ)もある。

これらを組み合わせて「GSRM」「GSRD」「SOGI」と表現したりする。

詳しく説明すると……

「GSRM」→ジェンダーとセクシュアリティ(性的指向)、ロマンティック(恋愛指向)においてマイノリティとされる人々
(Gender Sexuality Romantic and Minoritys)

「MSGI」→性的指向と性自認においてマイノリティとされる人々
(Minoritys Sexuality and Gender Identity)

「GSD」→ジェンダーと性の多様性
(Gender Sexuality and Diversity)

「GSRD」→ジェンダーとセクシュアリティ(性的指向)とロマンティック(恋愛指向)の多様性
(Gender Sexuality Romantic and Diversity)

「SOGI」→(さまざまな)性的指向と性自認
(Sexuality Orientation and Gender Identity)

「S&G」→(さまざまな)性的指向と性自認
(Sexuality and Gender)

いろいろあるけれど、こんな感じ。

知名度は性的マイノリティやLGBTに比べるとまだまだですが、

「痒いところ手が届く」
「ロマンティック(恋愛指向)も入っていて助かる」
「ゲイやレズビアンで表現するのではなく、セクシュアリティやジェンダーで表現してるから分かりやすい!」

といった声も多く、いくつかの国や地域ではLGBTよりも積極的に使用しているところもあるようです。

個人的によく見かけるのは「GSRM」「SOGI」かなぁー。

あとメモとかするとき画数が少ない理由で「S&G」を私は多用していますが、あまり対外的に使われているのを見たことはないかな-。

どれを使うかはお好みで。

それと「GSRM」のように人、もしくは人々のことを指していたり、「SOGI」のようにセクシュアリティやジェンダーそのものを指してたりすることもあったり……

だけど細かな意味合いは使っている人本人次第など部分もありそう

私は知名度の関係でこのブログではまだまだ「LGBTs」とか「LGBTQ」を使わせていただいていますが、気分的には「GSRM」とかを積極的に使っていきたいんですよね

あくまでもこれはひとつの表現方法です。LGBTや性的マイノリティがダメと言うワケではなく、自身が一番使いやすい言葉を使ってもらえたらいいと思います