セクシュアリティ迷子
『セクシュアリティ迷子』

セクシュアリティ迷子は自分のセクシュアリティが分からなくて、あっち行ったりこっち行ったり、迷ってしまったりすることです。

いわゆる「ゆらぎ」と言われるものに近いかもです。

セクシュアリティやジェンダーの在り方というのは多種多様というか、十人十色というか、とても多く、近いのは見つけても、なんだか微妙に違ったりと、悩むときはトコトン悩みます

それがセクシュアリティ迷子。

これは別に正式な呼び方ではないのですが、他にも『セクマイ迷子』『性別迷子』と呼んでいる人もいます。

セクシュアリティやジェンダーは『性的指向』『性的嗜好』『性的表現』『身体的性別』『性的役割』『性自認』『性他認』『生活上の性別』などなどが複雑に絡み合ってるので、迷う人はトコトン迷います。

もちろん、迷わない人もいます。

迷わない人は「え?なんでそんなに悩むの?自分のことなんだから、自分のセクシュアリティくらい分かるでしょ」って思う人もいますが、これがそんな単純な物ではないのが『セクシュアリティ&ジェンダー』なんだと思います。

悩む人はとことん悩みます!。

ただ迷うことは悪いことではないと、個人的には思います。

じっくり考えて、悩んで、選び抜いて、たまに考えることもお休みして、気が向いたらまた考えて。

そんな向き合い方もアリだと思っています!

ちなみにセクシュアリティやジェンダーに迷っていること、また決めずにいることを、前向きな表現として『クエスチョニング(問性愛)』という言い方もあります。


私もかなり悩んで悩んで迷子になって、今に至ってます!