複雑化するセクシュアリティやジェンダーのアイデンティティ
『複雑化するアイデンティティ』

よくセクシュアリティなどのアイデンティティの話しをすると

「細かく分ければいいってもんじゃない」

「細分化して複雑化してるから、逆に理解から遠ざかっている」

「面倒くさい」

と言われることも多く、個人的にはかなり返答に困っていました。

というのも確かに複雑だな細かいなって思うことはあっても、だから分かりにくいとか、理解から遠ざかっているとか感じたことはあまりなかったので……

何よりも「自分を表す言葉」があると安心することも知っていたので、それを「面倒くさい」と片付けるのはちょっとなぁと思っていました。

でも明確な返答も出来なかったので「個人的にはいいと思う」くらいしか言えませんでした。

するとある人が「カラフルでいい!」と言っていたので「それだ!」と採用しちゃいました!

でも本当にいろいろ色があってカラフルでステキだなって思います!

そして無理に理解したり、名前を覚える必要はそんなになくて、そういうアイデンティティがあると知るだけでも次に繋がったりするものだと思っています。

なので「理解できない」「ごちゃごちゃしすぎ」と投げ出さずに、次に繋がるために「知る」ところから初めていただけると嬉しいです!