性別移行に伴う新しい名前の決め方
『性別移行に伴う新しい名前の決め方』

今回は性別移行に伴う新しい名前の決め方をちょこっとだけまとめました!

[1]読みを変える

(例)
『由記(ヨシノリ)』←→『由記(ユキ)』
『望(ノゾム)』←→『望(ノゾミ)』

珍しいパターンですが、なくもないパターン。

ただこの場合、よく言われる戸籍の名前変更は不要です。戸籍には漢字の読みまで記載されてないからです。役所に行って読みの変更をすればOK☆

[2]読みはそのまま、漢字を変える

(例)
『誠(マコト)』←→『真琴(マコト)』『まこと』

男性名とも女性名ともとれる名前だけど漢字は男っぽい時などに。

読みが変わらないので、周囲の混乱が少ないです☆

[3]ちょっとだけ変える

(例)
『直樹(ナオキ)』←→『直美(ナオミ)』
『幹久(ミキヒサ)』←→『美姫(ミキ)』

『幹久』も『美姫』も周囲から『ミキちゃん』て呼ばれるなら、この場合も周囲の混乱が少ないですね☆

[4]他の人に決めてもらう

例えば友人や両親、はたまた占い師に決めてもらうパターン。

全く本名とかけ離れていたり、近かったりと決める人に委ねられる

ちなみに私はこのタイプ。友人と母に決めてもらいました☆

[5]自分で決める

やっぱり自分の名前くらいは好きに決めたい、という人も多いでしょう!

でもかな~り片寄った名前になりがちなので、知り合いに「どう?」と意見を聞いてみるといいかもですね

……命名テンションはコワい。

私は人に決めてもらったパターンですが、読みは友人に(というより、あだ名の延長みたいな感じ)漢字は母に決めてもらいました。

いずれにしても私には有難く勿体ないお名前ですので、大事にしたいですね。