異性愛を表わす言葉としての「ノーマル
あんまり言葉狩りはしたくないのですが、この言葉だけは個人的にダメかなって思います。

理由はもう、そのまんまなのですが、ノーマルって「普通」「通常」「正常」って意味なんですよね。
つまり、同性愛などそれ以外の恋愛の形を「アブノーマル(異常・病的な)」と表現してしまうことになるんですね。実際に同性愛を取り扱ってる作品とかでも「アブノーマル」と表現してる作品もあったりするそうです。

さらに言うと歴史的に見ても「異性愛=ノーマル」という言葉は、他の恋愛の形を差別的に扱っていた背景もあるようです。

当事者でも知らずに(かどうかは分からないけれど)使っている人もいますが、基本的には避けるべき言葉です。なんで、今この記事を書いたかと言うと、昨今、「異性愛」を表す言葉として「ノーマル」を使ってるのを度々見かけるからなんですね。

「私ノーマルなんでぇ~」という他愛のないものから、男女のカップルを「ノーマルカップル」「ノマカプ」「ノーマルカップリング」などなど。「BL(男性同士の恋愛)」「GL(女性同士の恋愛。百合)」と区別する意味での「NL(男女の恋愛。ノーマルラブの略)」とか。

最後にゲイの友人からのコメント。

「オレからすれば、異性愛も同性愛も(他の恋愛の形も)、みんなノーマルだし、アブノーマル。」