彼女になる日another


あらすじ

「女になんか絶対にならない」

男子中学生の相楽はある日突然、女の身体になってしまう!それを受け入れらず、男として過ごそうとするがクラスメイトの成海にバレてしまう。

さらに好意を寄せていた黒川から告白されるが、黒川にも秘密があって…!?

感想

以前紹介した「彼女になる日」のスピンオフにあたるもので、世界線は繋がっているものの全く別の主人公のお話です。

本編の間宮は羽化によって女性化した身体をあっさりと受け入れていましたが、こちらの主人公相楽は受け入れられず羽化したことを隠して通学します。また相楽は間宮ほど要領も良くなく、喧嘩っ早いもあるため、かなり女性化した身体を嫌悪しています。

主軸は本編同様ラブロマンス。それも本編とは違って相楽と相楽の事情を知る黒川と成海の三角関係です。……が個人的には途中からこいつら早くくっつけよってくらい可愛らしい恋愛しているので、恋愛モノが好きな私としてはとても楽しめました。

性別に翻弄される相良

本編の間宮は女性化した自分をすんなり受け入れ、むしろ周りが困惑するといった構図ですが、相良は女性化した自分を受け入れられず女性化したことを隠します。

それは身体的違和感とか男性としてのアイデンティティというよりも羽化への差別や女子の同級生に淡い恋心を抱いている自分は男であるべきといった社会的要因が強いように感じました(というよりこの作品において羽化による性別違和はあまりないように感じます)。

そんな中黒川が自身も羽化で女性化した女性であり、女性が好きだと言われ、さらにはいろいろと面倒を見てくれる成海をちょっといいなと思ったりと揺れに揺れまくります。まさに性別に翻弄されるという言葉がピッタリですね。

この話は自分で答えを出すまでのお話なのかなと思います。主軸は恋愛だけれども。

まとめ

本編の「彼女になる日」とスピンオフの「彼女になる日another」、それぞれ女になった男の性転換ラブロマンスということですが、全く違ったストーリーです。

物語の進め方はやや強引かなと思うところもありますが、ちゃんとまとまっているので読みやすく読みごたえもあります。どちらか片方だけでも読めますし合わせて読むこともできますので、恋愛モノが好きだと言う方は是非!