アバウトレイ01


あらすじ内容紹介

本当は男の子のレイ、恋多きシングルマザー、レズビアンのおばあちゃん。
人生の途中にある、家族の物語。

「誕生日の願い事は毎年同じだ。“男になれますように"」

16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(エル・ファニング)。医者から受け取ったホルモン治療についての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、動揺を隠せない。

共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)もレイのカミングアウトをイマイチ理解ができないでいる。

一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分"に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そこでまさかの“家族の秘密"が明らかになる。

アバウトレイ02
映画『アバウト・レイ 16歳の決断』より

感想

女の子として育てられたレイは幼い頃から性別に違和感を持ち、16歳で性別移行を決断しホルモン療法を受けようとします。しかし、未成年なので両親の同意が必要、その顛末を描いたヒューマンドラマです。

性別移行を決意したレイをメインに据えながらも、物語の軸はレイの母マギーです。レイ自身の決意は固く揺らぐことはない描かれ方をしており、反面母マギーは表面的には賛成しつつもどこかやりきれなかったり、反対したり…それを受け入れる家庭のお話といった感じです。

私個人としてはヒューマンドラマなんだからもうちょっと人間模様を明確にしてほしかったかなという印象です。

まとめ

『アバウト・レイ(About Ray)』というよりも母マギーが主軸だったし、原題である『3 Generations(3世代)』というほどレズビアンのおばあちゃんはそこまで物語に関わらなかったですね。

いろいろツッコミどころというか引っかかる部分はありましたが、性別違和の苦悩をメインにするんじゃなくてその母の苦悩をメインにするっていうのは面白いと思いました。

▼映画『アバウト・レイ 16歳の決断』予告編▼

【関連記事】
【スペシャルなラブストーリー】わたしはロランス【映画】

【思いやりから生まれた悲劇】カランコエの花【邦画】
【降り注ぐ偏見に立ち向かう】ナチュラルウーマン【映画】
【ヘイトクライムの悲劇】ボーイズ・ドント・クライ【洋画】
【生きるために闘う彼らの物語】BPM ビート・パー・ミニット【仏映画】