グロいと聞いていたので
私はグロいのが苦手です。

ホラー映画も「グロくなかったら観ることが出来る!」と変な自信があるほどに。

で。性別適合手術で手術した患部は腫れやら、血やら、管やらで、割りとグロいと聞いていたので、なるべく見ないようにしてたんですが、処置中とかにチラッって目を落とすと、鏡を使わなくても見えるくらい、腫れてるんですよねー。痛々しい

私の患部は割りと腫れてた方らしいので、他の人も同じかは分かりません。あくまでも私の感覚

で。その後、ちゃんと鏡を使って見たのはダイレーションの時くらいかな?その時も感想は「……グロッ」でした。

腫れも引いたり、出血が落ち着いてくると、患部も安定してきて、さも「昔からこーだった」という感覚に陥ります。

そして今となってはグロくもなんともありません。不思議ですねw

【関連記事】
生きようとした証
ダイレーション
性別適合手術後、お尻が真っ赤になった話
初めての生理用ナプキン購入の話
手術後のタイ観光