王子と騎士


あらすじ

むかしむかし、はるか遠い王国に、ひとりの王子が住んでいました。王子はもうすぐ王位を継ぐことになるので、王と王妃は王子とともに花嫁をさがす旅に出ました。あちこち旅をして回りましたが、王子が求めている相手は少し違っていて…。

王子と騎士01
絵本『王子と騎士/ダニエル・ハーク』より

感想

王子が運命の想い人を見つけるというシンプルな物語です。そのシンプルさ故に読み手にも伝えたいことがダイレクトに伝わってくるかと思います。

文章も複雑ではないので幼い子どもたちへの読み聞かせにもいいかもしれません

村娘と王女

同じ著者の村娘と王女のお話もあります、気になった方はぜひ!

村娘と王女

【関連記事】
【幸せ形は人それぞれ】にじいろのしあわせ【絵本】
【多様性を学ぶ】わたしはあかねこ【絵本】
【イタリア発の家族を知る絵本】たまごちゃん、たびにでる【絵本】
【家族の多様性を知れる本】いろいろいろんなかぞくのほん【絵本】
【王子さまと王子さまが結ばれるお話があっていい】王さまと王さま【絵本】