レビューサムネ2012
オススメコーナー03


アバウト・レイ 16歳の決断

アバウトレイ01

【あらすじ】
16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ、少しずつ“本当の自分"に近づいていくことで生き生きしてくる。そんな姿を見て母マギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが…

【おすすめポイント】
女の子として育てられたレイは幼い頃から性別に違和感を持ち、16歳で性別移行を決断しホルモン療法を受けようとします。しかし、未成年なので両親の同意が必要、その顛末を描いたヒューマンドラマです。

物語の軸はレイの母マギーです。レイ自身の決意は固く揺らぐことはない描かれ方をしており、反面母マギーは表面的には賛成しつつもどこかやりきれなかったり、反対したり…それを受け入れる家庭のお話といった感じです。

▼関連記事▼


▼映画『アバウト・レイ 16歳の決断』予告▼

わたしはロランス

わたしはロランス0

【あらすじ】
彼は、女になりたかった。彼は、彼女を愛したかった。
どこにも行けない“愛"に果敢に挑戦するふたりの、とても“スペシャル"なラブストーリー。

モントリオール在住の国語教師ロランスは恋人のフレッドに「これまでの自分は偽りだった。女になりたい。」と打ち明ける。

それを聞いたフレッドは、ロランスを厳しく非難するも、彼の最大の理解者であろうと決意する。

【おすすめポイント】
物語の大筋は女性になりたいが女性であるフレッドも愛し続けるロランスと性的指向は男性なのに男だった恋人が女になりたいという2人のなんとも言えないラブストーリーです。

全体的に見ると映像や音楽やモノローグのひとつひとつが圧巻で約3時間という長編映画でありながら飽きさせることなく物語を紡いでいくのとても見応えのある作品です!

▼関連記事▼


▼映画『わたしはロランス』予告編▼

ナチュラルウーマン

ナチュラルウーマン000

【あらすじ】
トランスジェンダーのマリーナは、歳の離れた恋人のオルランドと、愛犬ディアブラと共に暮らしていた。

ある日の夜、突然オルランドが自宅のベッドで意識を失い、急死してしまう。突如、最愛の人を失い、深い悲しみの中にいるマリーナだが、トランスジェンダーであるが故に、周囲から容赦ない偏見と差別を浴びせられる。

【おすすめポイント】
チリ発セバスティアン・レリオ監督によるトランスジェンダーの女性を主人公にした映画です。他の映画のオマージュだったりメタファーだったりが存分に含まれている作品ですが、トランスジェンダーに対してのヘイトクライムは妙にリアルで痛々しかったです。

マリーナ役のダニエラさん自身もトランスジェンダーです、その歌声にとてもしびれます!

▼関連記事▼


▼映画『ナチュラルウーマン』予告▼

プルートで朝食を

プルートで朝食を001

【あらすじ】
アイルランドの小さな町に住むパトリックは、生まれてすぐに教会の前に置き去りにされ、養子に出されたという過去があった。

そんな境遇と、子供の頃からお化粧やキラキラした衣裳が好きな性格のため、周りから奇異の目で見られていたが、パトリックはお構いなしで毎日を過ごしていた。

【おすすめポイント】
母をたずねて三千里ではないけれど、パトリック・“キトゥン”・ブレイデンは未だ見ぬ自身の母親“幻の女”を求めて、さらには自分自身をも探す物語です。キリアン・マーフィーさん演じるパトリックが綺麗でキラキラで様になってる印象でした。

音楽も馴染みがあって、キラキラしてる反面、ドロドロしてるところがとてもリアルで、良くも悪くもハラハラさせてくれる映画でした。

▼関連記事▼


▼映画『プルートで朝食を』予告▼

Girl/ガール

ガール000

【あらすじ】
トランスジェンダーの少女ララの夢は、バレリーナになること。女生徒としてバレエ学校に転入し、厳しいレッスンについていくが、慣れないトウシューズが彼女の脚を痛めていく。

それと同時に、心と体の不一致を解消するため、性別適合手術の準備を始めるララと父親のマティアス。2年後の手術に向け、ホルモン治療を始めるが、ララの期待と裏腹に体には目立った変化が現れない。

同世代の少女たちの中で、少年の体でレッスンを続けなければならないララは、一人孤独と戦い、葛藤する。追い詰められたララの心は、彼女を思わぬ方向へ向かわせていく。

【おすすめポイント】
本作『Girl/ガール』ではトランスジェンダーの少女ララ役を演じるのはシスジェンダー男性のバレエダンサーであるビクトール・ポルスター。

なんといってもヴィクトールのララのあの繊細な演技とバレエパートのダンスは素晴らしかったです。

そしてトランスジェンダー故のなかなか発せないSOSもとてもリアリティがあって痛々しくも応援したくなる作品でした。

▼関連記事▼


▼映画『Girl/ガール』予告編▼

いかがでしょうか?昨今はトランスジェンダー役をトランスジェンダーさんが演じることも多くなってきました。実際トランスジェンダーってなかなかに難しい役どころですよね……
そういった役者陣の華麗な演技もトランスジェンダー作品の見どころのひとつだと思ってます!