恥じらいの境界線

タイへ手術をしに行ったときの話ですが、いざ!手術!……ということで手術室へ。はじめて入る手術室に感動していると、服を脱げという指示が。しかも全て。

まさか異国の地にて、身ぐるみをはがされるとはね。まー、手術なんだから、仕方ないけど。

手術する内容などによっては違うかと思いますが、私の場合はバストも股間部も手術したので、全裸でした。なんていうか、すっぽんぽん、でした。

手術とはいえ、さすがに恥ずかしさを感じていると、薄い毛布をかけてもらいました。そうです。これが私の「恥じらいの境界線」です。

まー、そのあと全身麻酔で寝ちゃうので、恥ずかしさとかないんですけどねw

だって次起きたときは、手術が終わって包帯グルグルでしたもん。今となっては「恥じらいの境界線」もいい思い出です

【関連記事】
性別適合手術(造膣なし)について
女性のものと感覚は変わらない?
性別適合手術前のホルモン治療中止
睾丸摘出手術について
性別適合手術はタイがいいか日本がいいか