オススメコーナー02
レビューサムネ2104


カノジョになりたい君と僕(漫画/性別違和)

カノジョになりたい君と僕

【あらすじ】
体は男性・心は女性として生まれたアキラは、高校入学を機に「女の子として」生きていくことを決意、セーラー服に身を包み登校する。アキラを待ち受けていたのは、クラスメイトの奇異の目、教師の無理解な発言…
そんなアキラに対し、幼い頃から恋心を抱いていた幼馴染のヒメ。大切な幼馴染を支えるため、ヒメが手にしたのは、アキラの父親が用意していた「学ラン」だった――!

【おすすめポイント】
性別違和のことに限らず「理解を得るという事はどういうことか」を真剣に時にコミカル描いた作品でした。
私自身「理解してほしい」とは言うけれど、その手段は合っていたのか……と考えさせられる作品でした。

彼の見つめる先に(洋画/同性愛)

彼の見つめる先に

【あらすじ】
目の見えない少年レオは、ちょっと過保護な両親と、優しいおばあちゃん、いつもそばにいてくれる幼なじみのジョヴァンナに囲まれて、はじめてのキスと留学を夢見るごく普通の高校生。
ある日、クラスに転校生のガブリエルがやってきた。レオとジョヴァンナは、目が見えないことをからかったりしない彼と自然に親しくなっていく。

【おすすめポイント】
ブラジルの学校を舞台にしたキラキラした青春映画。
この映画の見どころはやっぱりレオの恋心かなと思います。しかし他作品でありがちな同性に恋した故の苦悩や疎外感などはなく極々自然。男女の恋愛と差なく描かれています。

▼関連記事▼

Love,サイモン 17歳の告白(洋画/同性愛)

LOVEサイモン

【あらすじ】
サイモンは両親と妹の明るい家族に囲まれて暮らす普通の高校生の男の子。しかし、実はゲイであるという秘密を抱えていた。
ある日、学校に匿名のブルーというゲイの同級生がいることを知ったサイモンは、思い切って連絡を取る。メールを通じてブルーに惹かれていくサイモンは、一体誰がブルーなのか気になり始める。

【おすすめポイント】
学校の友人たちにカミングアウトするかどうか悩みと彼の恋模様のお話。
17歳の少年が自分のセクシュアリティに悩み、脅されドツボにはまっていく様はドキドキしながら見ていました。
本作はとにかく青春要素が強めでキラキラ。秘密を抱えた男の子が、友人に囲まれ、恋をする。そんな普遍的な青春映画です。

▼関連記事▼

カランコエの花(邦画/アウティング)

カランコエの花000

【あらすじ】
とある高校2年生のクラス。ある日唐突に『LGBTについて』の授業が行われた 。
しかし他のクラスではその授業は行われておらず、生徒たちに疑念が生じる。「うちのクラスにLGBTの人がいるんじゃないか?」生徒らの日常に波紋が広がっていき…
思春期ならではの心の葛藤が起こした行動とは…?

【おすすめポイント】
日本の高校を舞台にした映画、養護教諭がLGBTQについての授業をしたためにまるで犯人捜しのようなことが起きてしまうというある種アウティングをテーマにしたような作品。
ラストのエンドロールの真実は個人的にとても衝撃でした。

▼関連記事▼

付き合ってあげてもいいかな(漫画/百合)

付き合ってあげてもいいかな

【あらすじ】
超モテるのに「好きな人と両想いになったことがない」パッと見いい女のみわ。
大学入学を機に軽音サークルに入り、絶対友達にならないタイプ!と思ったお調子者の冴子と急接近。
「せっかくだからあたしたち、付き合ってみない?」
軽音サークルの仲間たちと織りなす、ホンネの女子大生ガールズラブ!!

【おすすめポイント】
大学を舞台にした百合作品。百合作品であっても女性同士の恋愛を正面から描いているという印象の漫画です。レズビアンであることの過去から現在までの苦悩、それは女性同士で付き合うことへの戸惑いであったり、周囲の人にカミングアウトするかどうかであったり。
それらを含めて巧みにラブコメという感じの雰囲気を纏っています。

▼関連記事▼

004

いかかでしたでしょうか?学校を舞台に繰り広げられる恋愛や青春ってとっても素敵ですね!中には学校であるがゆえに大事になってしまったりっていうこともあるで、一概には喜べませんが……。

▼前回のおすすめレインボー作品5選▼