画像の説明


まだ男子の日常

性別移行初期のトイレで混乱した話

性別移行初期のトイレエピソード


『性別移行初期のトイレエピソード』

こんにちは ちぃです
 
前に性別移行する上で焦ったエピソードはありますか?という質問があり、思い返してみたらこの「トイレエピソード」は焦ったかなーと。
 
性別移行初期のころ……といっても、まだまだ社会的には男子として生活していたころ。
 
個人的には「男性が女性装をしている」と思われたくないという感情が強くて、必要以上にメイクや服装、髪型を女性的することに抵抗があったのです。
 
するなら土台ができてからとか思ってました。
 
言うなれば性別移行する準備期間として、美容とかいろいろなことをして土台を整えていた時期……だったと思います。
 
なので外に出るときはスッピン(日焼け止めくらいは使用してたけど)、服装もいわゆるユニセックスな服装(男性的な服も着たくないし、女性的な服を着ると「女装」と言われると思っていたので)、
 
髪形は男子にしては少し長いくらい……というよりも伸ばし途中だったので、整ったヘアスタイルではなかったです。
 
こんなスタイルなので、私個人としては女性的だとも思ってなければ、女装をしているとも思っておらず、むしろ「男子!」というスタイルだったと思います。
 
そんな外出中に急にトイレに行きたくなって、公衆トイレを使用する際、もちろん自分を社会的に見て「男子だ!」と思っているので使用するのは、当然「男子トイレ」
 
その男子トイレに入ろうとした際に男性から「そっち男子トイレですよ?」と言われ、ウチパニック
 
男子と思われなかったこととか、どーしろと!?という感情だったりとかでパニック
 
そして何故か「え!すみません!」と謝る。
 
このたった一回のエピソードで、これ以降外出先でのトイレは控えるようになり、しばらくは我慢する日々が続きましたね。
 
そんなウチのトイレエピソード。
 
それから苦なく公衆トイレを使用できるようになるのは友人知人家族の助けがあったからですね(*ゝω・*)
 
そのはなしはまたいつか
 
ではでは
続きを読む

隠すのも必死です

隠すのも必死です

『隠すのも必死です』

こんにちは ちぃです

私がまだまだ必死に「男子」を演じてた男子時代の話です。

かわいい動物…ワンちゃんとかネコちゃんとか、ついつい声とかも1オクターブくらいあがって「かわいい~って言っちゃうんですよね……今はそこまでないけどw

自分自身、とても女性らしいほうだとは思わないんですが、やっぱり男子のソレとは違くて、ついきゃぴきゃぴしちゃったというか。。。

当時からすでに「男らしくはない」「女々しい」とレッテル貼られてたけど、さすがにこのきゃぴきゃぴは……アウトかと(笑)

……悪目立ちするという意味でね(。>ω<。)

男友達のほうを見なくても、引いてるのが分かったというか。。。

んで必死に出した答えが可愛いワンちゃんに対して

『美味しそう』

でしたからね(*'ω'*)

自分の言葉のチョイスに愕然としましたよ……喰う気かッ!とね。

まぁそのあと「食べちゃいたいくらい可愛いってよく言わない?」とかいって誤魔化しましたが…………誤魔化せたのかな??……いや誤魔化せてないな(断言)

ちなみに私は別に可愛いこブリッコではないので、普段からきゃぴきゃぴしてるわけではないです

ただ可愛いのが好きなんです!

……女の子のなんでも「かわいいって言っておけばなんとかなる理論」嫌いじゃないですw

ではでは
続きを読む

二男?二女?

二男?二女?

『二男?二女?』

こんにちは ちぃです

まだまだ男子時代(性別移行初期くらい)の話です。

その当時はまだ戸籍的には性別も「男」だったので、もし私が将来的に性別を変更したら戸籍上は『二男から二女に変更』って感じでした。

当然、その当時は『二男』ですが、時と場合によっては『二女』と偽らなければなりません。

でも『二男』である自覚も薄いけど『二女』であることを偽るのも心苦しい(笑)

そこで便利なのが『末っ子』

あと『3番目』とか『一番下』とか使うときもあります。

考えてみたら、私は兄と姉の2人なので、単純明快な方。

だって私が性別変更したところで、兄の長男、姉の長女、私の末っ子というポジションは変わりませんからねぇ。

中には家族が性別を変更することによって「二男だったけど長男に」とか「長女だったけど二女に」なんてなる人もいると思います……あくまでも実生活ではの話

※二男が戸籍の性別変更しても「二女」であり「長女」や「三女」などにはならない

ところでひと昔前までは『二男』を『次男』って書いてた気がするんですが、いつからか「次」ではなく「二男」「二女」って書き方が増えた気がしますが……使い分けとかあるんでしょうか。。。

個人的にはなんとなく「次」ってイヤなので「二」のほうが好みですw

ではでは
続きを読む

性別移行前のネガティブ思考

性別移行前のもやもや


『性別移行前のネガティブ思考』

こんにちは ちぃです(*┃ω┃*)ノ
 
ときどきものすごくポジティブな理由や思考で性別移行をしたと思われることもあって、必ずしもそうじゃないよーと。
 
私自身男子時代は「性別移行して女性として生活できる人なんてほんの一握りだ」「ウチなんかが性別移行したって女の人に見えるはずない!」「それなのに高いお金や人生を賭けてまで性別移行する意味あるのか」とか思ってて
 
「それなら自分を騙して殺して偽って、男として生きていく方がいいのではないか」とかまで思ってて、かなーりネガティブでした。
 
それでも男として生きていく度胸もなかったので、性別移行した人の写真を見て、どこか「こんなウチでも変われるんだ!」という後押しが欲しかったのに、
 
「この人は素材がいいから」「この子は若い頃からホルモン療法してるから」とか思ってて結局マイナス思考
 
さらに男の娘の人の写真を見て「ホルモン療法してなくてこの完成度って何?チートなの?」「それなのにウチときたら……」とやっぱりネガティブモード。
 
もう何を見てもネガティブモードにしかならない時期は確かにありましたね。
 
それでも人生なげうってでも生きる道を選ぶか、生きたまま死ぬかの二択を選択するときに
 
「このまま沈んでしまうくらなら、やるだけのことはやってやるッ!」と半分ヤケな部分もあるけど、ようやく重い腰あげました。
 
そしてなんとかなりました(笑)
 
なんとかなるもんですね(*´▽`*)
 
ただ私の場合、やっぱりビビりな部分が出てしまったので、自分の中で「後戻りできる性別移行」の期間を設けてからの性別移行でしたけどね(;^_^A
 
こんな感じで「自分なんかが性別移行したからって……」と壁や不安を感じて留まってる人は多そうですよね。
 
私は壁や不安も大事だと思っています、特に夢や理想だけよりは、ちゃんと性別移行後の生活を現実として視野に入れて考えてるってことだと思うので。
 
もちろん不安に押し潰されそうになることもあるからはそれだけでもダメだけど、ちょっとくらいは夢見つつも性別移行を望んでる人は性別移行したらいいさ~と思います(*^-^*)
 
なんと~かなるさぁ~ヽ(*´▽`*)ノ
 
……あんまり無責任なことも言えないけどね(;^_^A
 
 ではでは(*┃ω┃*)ノシ
続きを読む

▼英語版 花嫁は元男子。▼

※ブログで使用している画像・イラストの無断転載はご遠慮ください。

▼その他創作活動▼
■世界でいちばんパパたちが好き!■
■おばけ学校の日常■

お問い合わせの際は下記のメールアドレスまで

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
yomedan.chii@gmail.com