画像の説明


LGBTs用語解説

ロマンティク&セクシュアル(用語解説)

ロマンティックとセクシュアル

『アロマンティク・アセクシュアル』

こんにちは ちぃです

アロマンティク……あ。あの香り豊かなアロマじゃないですよ。

「ア・ロマンティク」、つまりロマンティック」ってことですね。

英語圏の言葉で、あまり日本では馴染みがありません。

一応「非ロマンティック」という和訳がされていることもありますが(´-ω-`)

また、日本の「Aセクシュアル」「ノンセクシュアル」は日本独特の表現で、英語圏では「アロマンティク・アセクシュアル」「ロマンティック・アセクシュアル」と区別されます

【アロマンティク・アセクシュアル】
性的な関心や欲求を抱かず、他者に対して恋愛感情を抱かない。

また伝統的に信じられているロマンチックな恋愛に興味を持たない、という意味もあるみたいです。

上記のことから日本の『Aセクシュアル』に近いというか、そのものですね。

【ロマンティック・アセクシュアル】
他者に対して恋愛感情を抱くが、性的な関心や欲求は抱かない。

日本で言う『ノンセクシュアル』ですね。

またロマンティック・アセクシュアルは恋愛指向により

【ヘテロロマンティック・アセクシュアル】
【ホモロマンティック・アセクシュアル】
【バイロマンティック・アセクシュアル】
【パンロマンティック・アセクシュアル】

※『ヘテロロマンティック』は『ヘテロマンティック』とやや略して表現する場合もあります

反対に性的指向により

【アロマンティック・ヘテロセクシュアル】
【アロマンティック・ホモセクシュアル】
【アロマンティック・バイセクシュアル】
【アロマンティック・パンセクシュアル】

などなどに分けられるようです。

日本でも「ノンセクゲイ」とかって言ったりするから、そんな感覚かな?

ちなみに『asexual』は英語圏では「性的な関心や欲求を抱かない」というセクシュアリティで、恋愛感情を抱く抱かないは不問みたいです。

いやー。

日本と英語圏では「Aセクシュアル」の意味が違う。英語圏には「ノンセクシュアル」はない。「アロマンティク・プライド」「アロマンティク セクシュアル」というセクシュアリティがある。……というのは知ってたんですが、ここまで違うとは思いませんでした(;・ω・)

Aセクくんに一部説明とかもしてもらいましたが、Aセクコミュニティでも知ってる人、知らない人いるそうです。

補足ですが。

「Aセクシュアル」の読みは「アセクシュアル」だったり「エイセクシュアル」だったりしますが、それは「アロマンティク」も同じで、実は「エイロマンティック」と言うことも。

なので「エイロマンティック・エイセクシュアル」とも言います。

……むしろ正式には「エイ」と発音するのが正しいらしいんですけどねσ(*бωб)

ではでは

【参考】
続きを読む

ノンセクシュアル(用語解説)

ノンセクシュアル

『ノンセクシュアル』

こんにちは ちぃです

今回は『ノンセクシュアル』というセクシュアリティについて説明したいと思います。

Aセクシュアルについてはこちら→『Aセクシュアル

ノンセクシュアル(非性愛者)は恋愛感情はあるが、性的欲求が(ほぼ)ないセクシュアリティのことで、

その「性的欲求が(ほぼ)ない」という部分は「性嫌悪」なのか「無欲」「無関心」なのか、他にもいろいろ当事者によってまちまち。

※性的欲求がないことと性嫌悪とは分けて考えるケースもあります

よくAセクシュアルと混同されるけど、恋愛感情も(ほぼ)ないセクシュアリティのAセクシュアルに対して、ノンセクシュアルは恋愛感情の有無は問わない。

なので「ゲイでノンセクシュアル」や「バイセクシュアルでノンセクシュアル」なんてこともありうるのですね(*'▽'*)

ちなみにこの「ノンセクシュアル」という表現は日本独特で英語圏にはありません

「性的欲求がないセクシュアリティ」のことを英語圏では「asexual」というので、

日本語の「ノンセクシュアル」が英語圏の「asexual」という感じです(*┃∀┃*)

※日本語でいう「Aセクシュアル」と英語圏の「asexual」はちょっと違うので注意

詳しくは別記事『アロマンティック・アセクシュアル』も合わせて読んでみてください。
→『アロマンティック・アセクシュアル

ロマンティックとセクシュアルを使い分ければ「ゲイでノンセクシュアル」や「バイセクシュアルでノンセクシュアル」も表現出来ちゃったりしますんで(*゜▽゜)ノ

さて「ノンセクシュアル」に話を戻して、性的欲求が(ほぼ)ないというセクシュアリティも悩ましいことが多く、「性欲があるのは健康的」「経験すれば治る」などなど『性欲主義』や『無理解』もあるみたいですね。

ウチもAセクシュアル(恋愛感情も性的欲求も(ほぼ)ない)の友人と話すと、自分や世間がいかに「恋愛主義」や「性欲主義」な部分に塗れているかを思い知らされます(-ω-;)

個人的には世の『恋愛至上主義』や『(恋愛要素の強い)婚姻制度』について考えるいいキッカケかなと思っています(*ゝω・*)

ではでは
続きを読む

Aセクシュアル(用語解説)

Aセクシュアル

『Aセクシュアル』

こんにちは ちぃです

Aセクシュアル(無性愛者)は恋愛感情も性的欲求も持たないセクシュアリティのこと、されています。

分かりやすく言うと、同性愛者が同性に、異性愛者が異性に恋愛感情や性的欲求を持つのに対して、Aセクシュアル(無性愛者)はどの性別に対しても恋愛感情や性的欲求を持たないってことですね。

恋愛感情や性的欲求がほぼない、っていうよりはそれらを向けられる対象がいないって言った方が近いのかもしれない。。。

ちなみにAセクシュアルは「アセクシュアル」や「エイセシュアル」などなど表記読み方いろいろです。

英語圏では「エイセシュアル」と読む場合が多いみたいですね(●´ω`●)

ちなみに似たセクシュアリティでノンセクシュアルというのがありますが、こちらは性的欲求が(ほぼ)ないことは同じですが、恋愛感情はあるというものですね。

ノンセクシュアルについてはこちら→ノンセクシュアル

どちらも異性愛、同性愛などと同様に『性的指向』です。

Aセクシュアル当事者もセクシュアリティの向き合い方はいろいろですが、昨今の「誰もが恋愛するのは当たり前」「恋愛して大人になる」「恋愛しないなんておかしい」などなどの、いわゆる『恋愛至上主義』に悩まされるケースも多く、

また「結婚こそ幸せ」「家庭を持って一人前」など結婚関連でも苦い思いをすることもあるようです。

ちなみに日本語でいうAセクシュアルは英語圏でのasexualとは、ちょっとだけ違います。

英語圏でのasexualは「性的欲求は(ほぼ)ない、恋愛感情は問わない」というもの。

つまり英語圏のasexualは恋愛感情があってもいいんですね(*┃ω┃*)

日本語でいう「ノンセクシュアル」に近いものがあります。

……というか「Aセクシュアル」と「ノンセクシュアル」という考え方が日本ならではなので(^-^;)

詳しくは別記事『アロマンティック・アセクシュアル』を参考にしてください(*┃∀┃*)ノ
→『アロマンティック・アセクシュアル

ではでは(*^・ェ・)ノ
続きを読む

ゲイ&レズビアン(用語解説)

ゲイ&レズビアン

『ゲイ&レズビアン』

今回は用語解説というかなんというか。。。

レズビアン(lesbian)は女性同性愛者のことですね、それ以上でもそれ以外でもないというか。。。昔はダイクと呼んでいた時期もあったようですが、時代の移り変わりとともにレズビアンに落ち着きました。

続きまして、ゲイ(gey)。現代の日本ではもっぱら男性同性愛者のことですね。ただ英語圏における「ゲイ」はそうとは限らず、形容詞及び名詞として用いられ、主に同性愛者全体やそれに関わる人や行動、或いは文化を表現したりします。

海外の選挙とか演説とか見てると「LGBT」とかよりも頻繁に「ゲイ」って単語が使われるし、その意味合いは形容詞及び名詞的な感じで、男性同性愛というよりは同性愛者全体だったりを指してること多いですねえ。

たまにそれを知らないで「gey」をそのまま「(男性同性愛の意味の)ゲイ」と訳してる人がいてチンプンカンプンな訳になってる人も見かける。

そしてよく聞かれる「ホモ」や「百合」って言葉もあるけれど、確かに同性愛者を指す言葉っていろいろあるんですよね。

パッと思いつくだけでも「ホモ」「レズ」「ビアン」「薔薇」「百合」「やおい」「BL」「GL」などなど。。。どれを使ったらいいの?という質問をたまにいただきますが、

公的な場では男性同性愛者を指す場合は「ゲイ」女性同性愛者を「レズビアン」同性愛者全体を指したい場合は「ゲイ&レズビアン」か単に「同性愛者」が無難にベスト。

以前日本の政治家さんがレズビアンを略した言葉の「レズ」という単語を使っていて、ちょっと問題視されていました※「レズ」は差別的な意味合いがある場合もあるのでオフィシャルな場では避けるが吉

同性愛全体を見れば、歴史も長く、とても一言では言い表せられないので、気になったらちょっと調べてみるのも面白いと思います!

そういえば私が学生の頃、女性同士の恋愛を詠った和歌だったか短歌だったかの研究をしてる人がいたなー……研究っていうか多分アレ半分趣味だな。。。

ではでは
続きを読む

性同一性障害(専門用語解説)


性同一性障害

『性同一性障害』

こんにちは ちぃです

実はちゃんと説明してなかったシリーズ「性同一性障害」

性同一性障害を少し堅っ苦しい言い方をすると、身体の性別と性自認(性同一性)が一致せず、継続的に身体の性別に嫌悪感、不快感を覚え、身体の性別を自認する性別に近づけたいと思うことさえある状態の医学的な疾患名……とされています。

……いや、かなり堅っ苦しいね(;^_^A

ざっくり言うと「自分の身体の性別に違和感があって、できれば性別を移行したいなと思うこともある医学的な疾患名」みたいな感じ。

……ざっくり言いすぎかな(´・ω・`)

一部ではかなーり分かりやすく「心と身体の性の不一致」なんて言い方をすることもあるけれど、かなり誤解を生む表現なので、個人的には避けたいかな。

英語では「Gender Identity Disorder」略して「GID」と言うこともあります。

2013年に発表されたDSMー5では新しい診断名として「Gender Dysphoria(性別違和/GD)」がありますが、日本での使用頻度や使われ方を見ると浸透はしていないみたいですね(;^_^A

たまに『性格が「男っぽい」「女っぽい」とは違うのか?』『趣味嗜好行動言動が「男っぽい」「女っぽい」とは違うのか?』と言われるようなことがあります。

少しこの質問を噛み砕いて説明すると「男勝りな女性」や「お人形遊びが好きな男の子」とは違うのか、という感じですね。

よく勘違いをされるのですが、違います。

あくまでも「性格」や「趣味嗜好」「行動言動」の話ではなく、本人の「性自認」の話であって、つまりその本人が「自分の性別をどう思っているか」ということなんですね。

あと多いのが「トランスジェンダーとは違うのか?」もありますが、厳密には違います。

トランスジェンダーはあくまでも「性別移行をした人、もしくはしたいと思っている人」であって、そこに必ずしも「性同一性障害が条件」ってことはないので、

「性同一性障害=トランスジェンダー」
ではないんですね。

逆に言えば性別を移行するのに性同一性障害だけが理由じゃないってことですね。……いろんな理由や思いで性別移行してる人も多いのです(*┃∀┃*)

そして「性同一性障害」は医学的な疾患名です。

診断には専門的な知識、診察、検査などが必要です。

なのでアイデンティティとは違って「俺は自分のことゲイだと思ってるから、ゲイだぜ!」とか「私の性自認は両性だと思ってるの、だから私はXジェンダーよ」のように

「ボクは自分のこと性同一性障害だと思ってるから、(別に診察とか診断とかされてないけど)ボクは性同一性障害だ!」

とはなかなか言えないワケですよね。

ここらへんは他のSGR(性的指向、性自認、恋愛指向)とは違うのかなーと。

でもまぁたまにプロフィールとかで「自称GID」とか「GID(未診断)」とか見かけるから、変な意味でアイデンティティ化してるのかな……(´∵`)ウーン

やっぱり私の意見としては「性同一性障害はアイデンティティではなく医学的な疾患名」という位置づけが正しいのかなって思います(^-^;

ではでは

続きを読む

▼英語版 花嫁は元男子。▼

※ブログで使用している画像・イラストの無断転載はご遠慮ください。

▼その他創作活動▼
■世界でいちばんパパたちが好き!■
■おばけ学校の日常■

お問い合わせの際は下記のメールアドレスまで

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
yomedan.chii@gmail.com