画像の説明


幼少期

幼少期の服装エピソード

幼少期の服装エピソード


『幼少期の服装エピソード』


こんにちは ちぃです

私は全く覚えていない、母から聞いた幼少期の服装エピソード

私が女の子っぽい服装…というより姉のお下がりを着て保育園にいったときに、男の子から「おまえ男なのに女みたいな恰好してる、変なの~」とからかわれたことです。

母自身は私が女の子っぽいこととか女の子っぽい趣味をもっていることをなんとも思わず、むしろ「これがこの子の個性」くらいに思っていたそうです。

母の教育方針が「男だから」とか「女だから」とか「お兄ちゃんだから」とか「妹だから」とかでしばらずにすることでしたので。

なので、母からすると「この子がお気に入りの服を着ているだけなのに、どうしてそれを否定されなければならないのか」という思いだったのだと思います。

そしてそう言われた子はお気に入りを否定されて傷ついているかもしれない、否定された服をもう着ないといやいや拒否するかもしれない、保育園でひとりでいたらもっといろいろ言われるかもしれない…といろいろ心配したそうです。

しかし当の本人は、ぽけーっとしてたらしく、おそらく何も考えてなかったか、自分が何故そう言われたのか理解してないのだと思います。

ただ、小学校にあがるころには「普通」にこだわっていたり、自身が女の子っぽいことを否定されることはなんとなーく理解していたので、蓄積はしていたのかなーと思います。

覚えてないけどね。

しかし覚えてない頃からそういうのいろいろあったんですねぇ~と改めて実感。

逆にそんな小さいころから性別による枠はめってあるんだなーとか…逆に小さいからこそそういう性別に枠はめをしたがるのかなーとか、否定した子も「普通じゃないのを正そう」という善意だったのかなーとか思ったり。

う~ん、覚えてないけどね

ではでは

続きを読む

自分史@幼少期の遊び

自分史@幼少期の遊び


『自分史@幼少期の遊び』

こんにちは ちぃです

私は男児時代、よくおままごとお絵かきをするようなインドア派でした。でもお外でもアクティブにも遊びましたよ!子どもですからね!

お人形遊びもしたかもしれないけど、女の子の友だちが多かったからだよ!

決して女の子女の子しいコではなかったハズだよ!きっと!

でも美少女ヒロインごっこの配役は、敵役でも男の子役でもなく美少女ヒロインでした。なんでだろう。。。

こんな私と遊んでくれた当時のお友達に感謝です(^▽^)

ではでは
続きを読む

自分史@幼少期

自分史@幼少期


『自分史@幼少期』

こんにちは ちぃです

保育所時代にもそれなりに性別違和っぽいエピソードがもろもろあるらしいんですが、本人ほとんど記憶なし。

その当時の写真とか見るとそんなに女の子女の子しくはないんですけどねー。

そう考えると決してフツーの男児ではなかったんでしょうねw

ちなみに多分ですが、この頃の私はまだ自分自身が男であるとか女であるとかを明確に自覚していないのだと思います。

自覚するのはもう少しあとのお話。

今回の4コマのタイトルに「自分史」とついているのですが、性同一性障害のカウンセリングや診断の中で、医師が患者の性違和を確認するため、また患者本人に性違和を振り返り確認するために、「自分史」というものを書きます。

主に幼少期から振り返り、現在に至るまで、どんな子どもだったか、性違和をどんな形で感じたか、何が苦痛だったか、思春期や社会的性差にどう対応したか、などを、文章もしくは箇条書きで書くものです。

文章か箇条書きかは病院やクリニックによって違いますが、基本的に自分の文章で書きます。

そんな自分史を4コマ形式で描くのも悪くないかもと思いまして。

なのでこれからちょこちょこ『4コマ自分史』書いて……描いて行こうと思います。

※思い付いてた時に書くので時系列で見ると前後する可能性アリです、ご了承ください

ではでは


続きを読む

▼英語版 花嫁は元男子。▼

※ブログで使用している画像・イラストの無断転載はご遠慮ください。

▼その他創作活動▼
■世界でいちばんパパたちが好き!■
■おばけ学校の日常■

お問い合わせの際は下記のメールアドレスまで

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
yomedan.chii@gmail.com