画像の説明


性同一性障害

性同一性障害(専門用語解説)


性同一性障害

『性同一性障害』

こんにちは ちぃです

実はちゃんと説明してなかったシリーズ「性同一性障害」

性同一性障害を少し堅っ苦しい言い方をすると、身体の性別と性自認(性同一性)が一致せず、継続的に身体の性別に嫌悪感、不快感を覚え、身体の性別を自認する性別に近づけたいと思うことさえある状態の医学的な疾患名……とされています。

……いや、かなり堅っ苦しいね(;^_^A

ざっくり言うと「自分の身体の性別に違和感があって、できれば性別を移行したいなと思うこともある医学的な疾患名」みたいな感じ。

……ざっくり言いすぎかな(´・ω・`)

一部ではかなーり分かりやすく「心と身体の性の不一致」なんて言い方をすることもあるけれど、かなり誤解を生む表現なので、個人的には避けたいかな。

英語では「Gender Identity Disorder」略して「GID」と言うこともあります。

2013年に発表されたDSMー5では新しい診断名として「Gender Dysphoria(性別違和/GD)」がありますが、日本での使用頻度や使われ方を見ると浸透はしていないみたいですね(;^_^A

たまに『性格が「男っぽい」「女っぽい」とは違うのか?』『趣味嗜好行動言動が「男っぽい」「女っぽい」とは違うのか?』と言われるようなことがあります。

少しこの質問を噛み砕いて説明すると「男勝りな女性」や「お人形遊びが好きな男の子」とは違うのか、という感じですね。

よく勘違いをされるのですが、違います。

あくまでも「性格」や「趣味嗜好」「行動言動」の話ではなく、本人の「性自認」の話であって、つまりその本人が「自分の性別をどう思っているか」ということなんですね。

あと多いのが「トランスジェンダーとは違うのか?」もありますが、厳密には違います。

トランスジェンダーはあくまでも「性別移行をした人、もしくはしたいと思っている人」であって、そこに必ずしも「性同一性障害が条件」ってことはないので、

「性同一性障害=トランスジェンダー」
ではないんですね。

逆に言えば性別を移行するのに性同一性障害だけが理由じゃないってことですね。……いろんな理由や思いで性別移行してる人も多いのです(*┃∀┃*)

そして「性同一性障害」は医学的な疾患名です。

診断には専門的な知識、診察、検査などが必要です。

なのでアイデンティティとは違って「俺は自分のことゲイだと思ってるから、ゲイだぜ!」とか「私の性自認は両性だと思ってるの、だから私はXジェンダーよ」のように

「ボクは自分のこと性同一性障害だと思ってるから、(別に診察とか診断とかされてないけど)ボクは性同一性障害だ!」

とはなかなか言えないワケですよね。

ここらへんは他のSGR(性的指向、性自認、恋愛指向)とは違うのかなーと。

でもまぁたまにプロフィールとかで「自称GID」とか「GID(未診断)」とか見かけるから、変な意味でアイデンティティ化してるのかな……(´∵`)ウーン

やっぱり私の意見としては「性同一性障害はアイデンティティではなく医学的な疾患名」という位置づけが正しいのかなって思います(^-^;

ではでは

続きを読む

性同一性障害を知る@高校時代

性同一性障害を知る@高校時代

『性同一性障害を知る@高校時代』

こんにちは ちぃです

このテの話をするのは本当に緊張します。「偏見だ!」と各方面から言われてもおかしくはない内容なんでw

私が『性同一性障害』という言葉を知ったのは高校生でした。

私くらいの年齢だと、中学時代くらいに知っていてもおかしくはなかったんですが、なんせ田舎なので世間に広まってから結構あとに『性同一性障害』を知ることになりました。

そこで、自分を理解して性別移行に進めるかと思えばそうでもなく、当時『性同一性障害の代表』みたいな役割だったのがお水のお仕事をしているニューハーフさんたちだったんです。

……というよりも性同一性障害を公表している多くの人(プラス目に留まりやすい人)っていうのがニューハーフなどの水商売をされているお姉さん方だったのだと思います。

ただ思春期真っ只中の私はどうもそういうのについていけず、またメディア的にも「男性から女性に性別移行する人はニューハーフバーやヘルスで働いている」みたな風潮もあったりして、もんのすごくその点に関しては抵抗がありました。

「別にお水の仕事がしたいから性別移行したいワケじゃない!」みたいなに思ったりしましたね。

今でこそモデルの佐藤かよさんの登場だったり、他の公表をする人でも「水商売未経験」な人も増えて「性別移行した人=ニューハーフ系のお店で働いている」というイメージが薄くなりましたけどね。

ちなみに私は高校時代、このことがきっかけというワケでもないのですが、比較的男子っぽい生活を送ります。

それはまた別の機会に。

ではでは

続きを読む

性別移行は時間もかかる



性別移行は時間もかかる

『性別移行は時間もかかる』

こんにちは ちぃです(*┃∀┃*)ノ

性別移行をするにはかなりのお金がかかります。それと同時にかなりの時間もかかります。

私の場合は本格的な性別移行から実生活までは約3~4ヶ月、手術までは7ヶ月、戸籍の性別変更までは約2年(正確には1年と10ヶ月)!

これはめちゃめちゃ早い方で、多くの人は5年10年なんてザラで、中には20年経ってもまだ終わらないなんて人もいる

……そこらへんはどこが性別移行のゴールとするかにもよるけれど。

どうしてそんなに時間がかかるのか。

まずは一番は

●「性同一性障害のガイドライン」上、どうしてもある程度の時間がかかってしまうこと

〇性同一性障害の診断には数年の経過観察が必要

〇カウンセリングからホルモン治療、ホルモン治療から性別適合手術などの次のステップアップにある程度の期間が必要

〇うつ病などその他の疾患がある場合はそちらを優先されることも多い

●医療機関の少なさ故、予約待ちも多い

〇中にはカウンセリングまで半年~1年、性別適合手術の場合2年待ちなんてこともある

●実生活経験(望みの性別での生活経験)をなかなか積めない

〇元の性別での生活があるため、なかなか切り替えられない

〇ホルモン治療の効果が出るまでにかなりの期間があるので、なかなか実生活経験に移れない

●性別移行はお金もかかるので、金銭的な面でストップすることも

・・・てな感じですかね。ほかにも理由はあるかと思いますが、いずれにしても性別移行は時間もお金もかかります。

非当事者からすると「望めばすぐできるんでしょ?」って言われることも多いけれど、そう簡単にはできない。

あと上には描かなかったけれど、男性→女性の場合「脱毛」とかにも時間がかかるかも。

そんでもって私の性別移行が比較的早かった理由なんですが、私の場合、ある程度金銭的に余裕が出て、土台を整えてから性別移行をスタートさせたので、入りがスムーズだったのと、

あとは始めたからには途中で性別移行をストップさせたくなかったし、せっかちな性格故に早く女性としての生活をしたかったですし、目標もあったしで……

それなら生活費を稼ぐためにも、望みの性別で実生活経験を積んだ方が一石二鳥かなという考えで突き進みましたね。

今思うとなんていうゴリ押し感w

私の場合、うまいこと男子時代の生活を切り捨てられたので、これはほんとラッキーだったなと思います。

ちなみに側で性別移行を見ていた母曰く「あまりにも変化目まぐるしくて、こっちが順応するのに苦労した」だそうです。

……あれ?性別移行は時間がかかるって話だったはずなのに……

ではでは(*┃ω┃*)ノシ
続きを読む

性別移行費用は・・・

性別移行費用は…

『性別移行費用は・・・』

こんにちは ちぃです(*┃∀┃*)ノ

「性別適合手術ってすんごくお金がかかるイメージあるけれど、どうやって捻出するの?」

と質問されたことがあります。

性別適合手術に限らす、性別移行には結構な額のお金がかかります。

ケースバイケースですが、私の場合はほとんど男子社会人時代に稼いだお金でなんとかなりました。

……今思うと学生時代のアルバイト代とかも入ってたかも。

ただ私の場合は最低限の費用だけでなんとかなったワケで、美容整形をする人や衣装代にお金がすごくかかる人なんかは、なかなか難しい気がします。

最低限とは言ってもかなりの金額だとは思うけど……(´-ω-`)

ちょっと前なにか見たデータでは、学生時代に性別移行を始める人のほとんどは、親からの援助が全額にしろ、一部負担にしろ、あるみたいです。

これは性同一性障害の認知度も関係してるのかなとも思いますねぇ。

個人的には性別移行中でも埋没するようにして、実生活経験を積みながら稼ぐ方が一石二鳥だとも思います、私自身がそうでしたしw

なによりも実生活経験もそうですが、安心感もありましたしね。

あと、意外かもですが、医療費控除が結構受けられるので、幾分かお金が返ってきたりとかもあるので、まぁなんとかなりますw

こういう話をしていると、だいたい「ハードルが高すぎる」とか言われちゃうんですが、それ超えないとやってけない部分もありますし、思ったよりもそのハードル高くなかったりもします。

それにそれだけお金かけて性別移行するんだから、後悔もしたくないですしね。。。

ただでも金銭面的にはハードルが高いのも事実なので、そこんとこなんとかなんないかなぁって思いもします。

だって性別移行を望んでる学生なんて、絶対に支援がないとできないですし、そうでなくても性別移行っていうのはかなり生活を圧迫します。

こう考えると私はほんと運が良かった方なんだろうなぁとも思います。。。

どっちにしても性別移行ってたいへんだあ。。。

ではでは(*┃ω┃*)ノシ


続きを読む

▼英語版 花嫁は元男子。▼

※ブログで使用している画像・イラストの無断転載はご遠慮ください。

▼その他創作活動▼
■世界でいちばんパパたちが好き!■
■おばけ学校の日常■

お問い合わせの際は下記のメールアドレスまで

↓↓↓↓↓↓↓↓↓
yomedan.chii@gmail.com