「LIKE」と「LOVE」

『「LIKE」と「LOVE」』

こんにちは ちぃです

以前コメントで「LOVE」「LIKE」についてあったので、ちょっと気になってAセクくんに聞いてみました。

質問コーナーでも「Aセクくんにとっての『LOVE』と『LIKE』の違い」についても聞かれていたので、合わせて回答しますね。

よくドラマやアニメなどの「好き」という表現方法に「私があなたに抱いてる『好き』は『LIKE』じゃなくて『LOVE』の好きって意味だからねみたいな表現を見かけることもあると思います。

ニュアンスとしては「友だち(友情)としての好きじゃなくて、恋愛感情での好き」と言いたい感じだと思います。

このことについてAセクくんに伺うと「『LIKE』は分かるけれど『LOVE』は分からないという人もいる」と前置きした上で自身は「そんなことない」と言いました。

詳しく掘り下げてみると、そもそもの話「恋愛感情の好きを『LOVE』、それ以外の好きを『LIKE』」とする分け方の方が違和感があるようです。

……実はウチも(笑)

Aセクくん曰く家族や友人に対しての好きはLIKEよりも(愛情という意味で)LOVEって感じだから、だそうです。

確かに海外の映画を見ているときに恋人同士でも「LIKE」って使ってるし、恋愛感情以外……例えば親子間や物に対しても「LOVE」って使っているのを見て、日本人のようなLIKEとLOVEの分け方には少々疑問でした。

Aセクも同じ感覚で、Aセク曰く「恋愛感情からくる好きは確かに感じることはないけれど、LOVEからくる好きは感じる(家族愛や信頼などによる好き)」とのこと。

ざっとLOVEとLIKEの違いを調べると、恋人同士でも付き合いたてではそんなに「LOVE」は使わず「LIKE」を使うそうで、

「LOVE」自体も恋愛感情以外に家族や友だち、深い愛情にも使われるそうなので、私が思っている以上にLOVEとLIKEは奥深いのかもしれないですね。

この違いも実は国や地域で変わってきそうですね(;^_^A

ではでは

続きを読む