SOGI

「SOGI」読み方は「ソギ」もしくは「ソジ」Sexual Orientation and Gender Identity(性的指向と性自認)の頭文字をとったもの。よく聞くLGBTとはどう違うのか?まずはその言葉の集約する広さとですかね。

LGBTはレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーの頭文字を取った言葉なので、それ以外の、例えばパンセクシュアルやAセクシュアル、Xジェンダーといったセクシュアリティやジェンダーが含まれませんでした。それをカバーするために「LGBTs」「LGBT+」「LGBTQA」などなどいろいろな言葉が使われてきました。

▼あわせて読みたい▼
LGBT【用語解説】
【LGBTQ以外にもあるよ!】S/G/R/M/D【専門用語解説】

逆に「セクシュアルマイノリティ」「性的マイノリティ」はあくまでも「性的な部分で少数派」と分類されること……例えば広義の意味ではサディスティックやマゾヒストなど含まれる可能性のもある……なので、かなーり幅広い言葉なので、収拾がつかないこともあります。

そこで「SOGI」あくまでも性的指向と性自認の話なので、LGBTのように限定的な括りでもなく、性的マイノリティのように括りが広がりすぎることもなく、

おまけにマイノリティ(少数派)と限定してないので、ヘテロセクシュアル(異性愛/ストレート)やシスジェンダーなどのマジョリティ(多数派)のセクシュアリティやジェンダーも含まれる

そして一番の違いはその言葉が向けられる矛先です。例えばLGBTとそれ以外に分けようとすると、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)それ以外(ストレート(ヘテロセクシュアル、異性愛)、シスジェンダー(非トランスジェンダー)、Aセクシュアル、Xジェンダーなど)に対してSOGIはあくまで性的指向と性自認。同性愛者でも異性愛者でも、トランスジェンダーでもトランスジェンダーでなくても、AセクシュアルでもXジェンダーでも、それぞれ個人個人が持っている「性的指向と性自認」を指してるだけ。なのでLGBTの代わりとしてのSOGIは使えない……SOGIの人たちとかSOGI当事者とか。

ではどういう場面で使うの?ってことですが、個人的によく見る使い方は「SOGIハラスメント(SOGIハラ)」ですね。性別や性別移行したことや性的指向を理由に職場などで何らかの社会的不都合(いやがらせなど)のことですね。……実はあまりそれ以外で目にしたことがないw

今後もっといろんな場面で使われるかもしれないけれど、ロマンティック(恋愛指向)が入ってなかったり、使い勝手やらなんやらで、ひょっとしたらなかなか使われなさそうだなって思ったり……。今後の使われ方が気になる次第ですね!