最善を目指し、最悪に備える

カミングアウトの準備段階においてよく言われる言葉があって『最善を目指し、最悪に備えよう』というもの。言葉通りで、それ以上もそれ以下もないのですが(笑)

最悪な結果に備えて、どうするのか?誰に相談するのか? どこに避難するのか? そういうのを前もって考えておいた方がいいです。最悪な結果とはなんなのか。よくあるのが「勘当」とか「絶縁」「離別」「疎遠」とかですかね。あとは「暴力」とか。最悪な結果はあまり考えたくない部分ですが、そこを考えてることで、どうするかの対策ができますね。

▼あわせて読みたい▼
【質問】親や周囲の理解がない場合自分を隠すしかないのでしょうか?【性別違和】
【LGBTQ嫌悪】フォビアの人と遠ざかる理解【性的マイノリティ】

私の場合は「暴力」はないにしても、もし受け入れてもらえなかったから、当時、実家に住んでいたので、家を出るつもりでした。戸籍も抜いて、自分だけでどうにかするつもりでした。※「どうにか」とかフワッとしたことを言ってますが、実際は細かく、どうするかまで決めてました。

で。もちろん、最悪に備えてるからと言っても「最善を目指し」ます!私的には、最善を目指すからこそ、最悪に備えたことが生きるのだと思ってます。ここでいう最善……っていうのは言ってしまえば“理想”かなと。その理想実現のためにどう動くか……的な。

『最善を目指し、最悪に備える』って大切!