性的指向と性自認
性的指向と性自認の説明です。性的指向は恋愛感情や性的感情がどこに向かっているか、例えば異性に恋愛や性的感情が向いているストレート(ヘテロ/異性愛者)、同性に恋愛や性的感情が向いている同性愛者(ゲイ/レズビアン)、男女どちらにも向いているバイセクシュアル(両性愛者)、どれにも向いていないAセクシュアル(無性愛者)などなど。

性自認は、ザックリ分かりやすく言うと、自分が自分の性別をどう思っているか…というもの。例えば、私は女…とか僕は男…とか、そういうの。そして体の性別と性自認が一致していて性別移行の意思がない人はシスジェンダー、身体の性別と性自認が一致しておらず支障をきたしている人を医学用語で性同一性障害、なんらかの形で性別移行をしている、もしくはしようとしているのならトランスジェンダー。

▼あわせて読みたい▼
LGBT【用語解説】
【議題】LGBとTは分けて考えるべき?【LGBTQ】


性的指向と性自認は全く違うことを指し示ているため、ゲイでトランスジェンダーってこともあるし、バイセクシュアルでXジェンダーってこともある。私の場合はストレートでトランスジェンダー…とカテゴライズされますね。

なので「LGBT」を性的指向に関する「LGB」と性自認や性別移行に関する「T」と分けるという考え方もある。私としては状況と場合によって分けたり一緒にしたりすればいいので、無理に分ける必要はない派なのです。

すごくすごく基本的にな事だけど、それでいて大事なことなので!