君の名前で僕を呼んで


あらすじ

17歳と24歳の青年の、初めての、そして生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描いた本作。男女を問わず、世代を問わず、たとえ今は忘れてしまっていても、誰もが胸の中にある柔らかな場所を思い出すような、まばゆい傑作。

1983年夏、北イタリアの避暑地。17歳のエリオは、アメリカからやって来た24歳の大学院生オリヴァーと出会う。

彼は大学教授の父の助手で、夏の間をエリオたち家族と暮らす。はじめは自信に満ちたオリヴァーの態度に反発を感じるエリオだったが、まるで不思議な磁石があるように、ふたりは引きつけあったり反発したり、いつしか近づいていく。

やがて激しく恋に落ちるふたり。しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づく…。

感想

端的に詩的な映画だと言ってしまえばそれまでですが、前半はどこか淡々とその反面後半は熱烈な映画で、綺麗なのにどこか危うさを孕んいて観てる人の感情を揺さぶるような、そんな映画でした。

エリオとオリヴァー、それぞれの言葉や視線が彼らの感情を如実に表現していて、もどかしような切ないような、ここまで恋の始まりと終わりをちゃんと描いたロマンス映画も珍しいんじゃないかと思うくらいです。
君の名前で僕を呼んで01
映画『君の名前で僕を呼んで』より

温かく見守るエリオの両親

実はエリオとオリヴァーの恋模様については他のロマンス映画と大差はないと思います。同性同士だから葛藤というもほとんど出てきません。故に2人の付かず離れずといった関係性は分かりやすく描かれています。

個人的な見どころのひとつは、エリオの両親ではないでしょうか。エリオとオリヴァーの気持ちや関係をそれとなく見抜き、温かく見守る両親です。

母はそれとなく背中を押してあげたり、時には口を挟まず見守ったり。そして前半はあまり干渉しなかった父のラストメッセージはなかなかに勇気をもらえます。

色鮮やかな映像美と印象的なラストカット

そしてもうひとつの見どころはなんといっても映像美。アカデミックな雰囲気、自然あふれる朝食シーン、無邪気に泳ぐ湖、照り付ける夏の太陽、北イタリアの街並み。それらを彩る名優たちも含めてとても素敵な映像美です。

そしてラスト約3分以上の長回しカットからのエンドクレジットは目が離せなくなります。

君の名前で僕を呼んで02
映画『君の名前で僕を呼んで』より

まとめ

タイトルの『君の名前で僕を呼んで』は原題の『Call me by your name』をそのまま和訳で、劇中でもとても印象的なシーンのセリフです。

エリオはオリヴァーでオリヴァーはエリオ、エリオがオリヴァーに向かって「エリオ」と呼び、オリヴァーはエリオを見つめて「オリヴァー」と呼ぶ。これだけの行為なのにすごく恋の切実さ儚さ、それでいて大胆さを感じます。そうして二人はひとつになれるのなだと思います。

▼映画『君の名前で僕を呼んで』予告編▼


▼映画『君の名前で僕を呼んで』日本語吹き替え版予告編▼