アルバート氏の人生


あらすじ

19世紀、アイルランドのダブリン。アルバート・ノッブスは、ホテルのレストランで住み込みのウェイターとして生真面目に働き、ホロラン医師をはじめとする常連客や他の従業員からの信頼も厚かった。

アルバートは若くして両親を亡くし、一人で生きていかねばならなかったため、女性でありながら若い頃から男性として働いてきた。女性であることを隠してきたので、アルバートは他の人との関わりを極力持たないようにして長年過ごしていた。

そんなある日、泊まり込みで仕事に来たペンキ職人ヒューバート・ペイジと知り合う。互いに男性として生きている女性であることを知った2人は親しくなる。


アルバート氏の人生001
映画『アルバート氏の人生』より

感想

グレン・クローズとジャネット・マクティアという2人の女優が男装で挑んだ話題作です。

19世紀のアイルランドという階級社会の格差が激しい中、女性で独り身というのはかなり生きづらいようで、アルバートは男装をし男性として過ごしてきました。

その中で同じく男性として生きる女性、ヒューバートと出会い、それまでは生涯独り身を貫くつもりだったアルバートにも心境の変化が訪れ、誰かと結婚をし寄り添いたいと思うようになります。

好きで男装しているのではなく、あくまで生きるために仕方なく男装することを選択した数奇な人生という感じでした。なかなかに重たい作品ですが、かなり淡々とした物語運びなので、そこまで重々しくとらえることもないのかなと思います。

ラストは解釈の分かれるところですが、ある意味リアリティがあり、アルバートの意思も受け継がれてるのかなと思います。

アルバート氏の人生003
映画『アルバート氏の人生』より

生きるための男装

19世紀のアイルランドでは女性は自らの意思通りに生きることができませんでした。そのために男性として生きる選択をしたのがアルバートです。アルバートはなんとしても生き抜くために男装をし男性として生きていくと決めたんですね。

作中の表現から性自認は「女性」だとは思うのですが、詳しくは描かれていません。性自認とか性的指向とかよりも「男性として生きる」ことに重きを置いている感じです。

またアルバートはヘレンという女性給仕に恋愛的アプローチするのですが、そこは性的指向云々というより、女性でありながら男性と過ごし、さらには女性と結婚をしたヒューバートに憧れを持って、独り身以外の選択肢を見出した時に側にいたのがヘレンという感じかなと思います。

アルバート氏の人生004
映画『アルバート氏の人生』より

女優2人の名演技

「女性でありながら生きるために男装をして男性として生きる」という難役をこなして見せたグレン・クローズとジャネット・マクティアの名演技も光ります。

グレン・クローズはアルバートの緩やかなのにどこか凛とした男性像を見事に演じ切り、ジャネット・マクティアは185㎝の長身を生かしヒューバートの荒っぽくも優しい男性像を見事に演じ切ります。

途中、二人は女性装をして出かけるシーンがあるのですが、男性が女性装をしている感じが出ていてすごいなと思いました。この2人の名演技なやり取りはこの映画の見どころのひとつだと思います。

アルバート氏の人生002
映画『アルバート氏の人生』より

まとめ

ラストは賛否両論に分かれるところではあると思いますが、時代背景を考えるとリアリティがあるのかなと思います。また娯楽映画というよりも何か芸術作品のような作りなので、楽しむというよりもその美しさに惚れ惚れする感じな映画です。

階級社会と男女差に翻弄された数奇なアルバートの物語でした。

▼映画『アルバート氏の人生』予告編▼

【関連記事】
【両親のために偽装結婚】ウェディング・バンケット【映画】
【ノスタルジックな共演】ソン・ランの響き【映画】
【再起の物語】ペイン・アンド・グローリー【映画】
南へ行けば【映画】
【危険な恋】アンダー・ハー・マウス【映画】