his


あらすじ

春休みに江の島を訪れた男子高校生・井川迅と、湘南で高校に通う日比野渚。二人の間に芽生えた友情は、やがて愛へと発展し、お互いの気持ちを確かめ合っていく。

しかし、迅の大学卒業を控えた頃、渚は「一緒にいても将来が見えない」と突如別れを告げる。

出会いから13年後、迅は周囲にゲイだと知られることを恐れ、ひっそりと一人で田舎暮らしを送っていた。

そこに、6歳の娘・空を連れた渚が突然現れる。「しばらくの間、居候させて欲しい」と言う渚に戸惑いを隠せない迅だったが、いつしか空も懐き、周囲の人々も三人を受け入れていく。

そんな中、渚は妻・玲奈との間で離婚と親権の協議をしていることを迅に打ち明ける。

ある日、玲奈が空を東京に連れて戻してしまう。落ち込む渚に対して、迅は「渚と空ちゃんと三人で一緒に暮らしたい」と気持ちを伝える。

しかし、離婚調停が進んでいく中で、迅たちは、玲奈の弁護士や裁判官から心ない言葉を浴びせられ、自分たちを取り巻く環境に改めて向き合うことになっていく。

his001
映画『his』より

おすすめポイント

今回ご紹介する映画『his』です。前日譚となるドラマ『his~恋するつもりなんてなかった~』からすると恋愛要素は薄めで、どちらかというと自分の住んでいる町で同性愛が受け入れてもらえるか、娘と暮らしたいだとかのヒューマンドラマな側面が強いです。

ゲイの父親が親権のために裁判をするシーンは『2番目に幸せなこと』や『チョコレートドーナツ』を彷彿とさせました。実際3作品とも、ゲイであるがゆえに不利になったり、差別的な発言を浴びせられるなどはあります。

今回は舞台が日本ということもあってか、前述した2作よりもあからさまな差別的な言葉ではなく、微妙に「そうとも取れるライン」で攻めてくるあたりがなんとも生々しく感じました。また裁判冒頭に父親側の弁護士が「何故父親側が親権を取りにくいか」の説明があったのも個人的に好印象でした。

his002
映画『his』より

前日譚『his~恋するつもりなんてなかった』

his003

こちらは映画の前日譚にあたるドラマ『his~恋するつもりなんてなかった~』です。映画よりも13年前の出来事として描かれています。

もちろん映画は前日譚を観た方が渚と迅に感情移入しやすいかと思いますが、映画単体で観ても問題ない作りになっています。また映画に比べて恋愛要素が強めなので、結構ジャンル違いを感じるかもしませんが、こちらもオススメです!

▼ドラマ『his~恋するつもりなんてなかった』予告▼

まとめ

実は観る前は「BLっぽい感じかな?」って思ってたんですが、思ったよりもヒューマンドラマ色が強かったです。

純粋に家族と暮らしたい、好きな人と暮らしたいと思う男性の一途な想いが出した結論は一番幸せな決断だったのかもしれないと感じました。

ゲイであることを公にできない迅、結婚して子供がいる渚。劇中で「誰が誰を好きになろうと勝手や、好きに生きたらええ」のセリフが印象的で、それこそがこの作品のテーマだと感じました。

▼映画『his』予告編▼

【関連記事】
【ケモショタ?】ほら、耳がみえてるよ!【アニメ】
【青春群像劇】渚のシンドバッド【邦画】
【台湾の青春映画】藍色夏恋【映画】
【ゲイの老人ホームが舞台】メゾン・ド・ヒミコ【邦画】
【親友と父子の強い絆】2番目に幸せなこと【洋画】