カウンセリングはプレゼン
性同一性障害の診断のためのカウンセリングって心理検査したり、質疑応答したりといろいろやるけど、結局は「自分が如何に性別違和で実生活が大変かっていうプレゼン」って感じだなって思います。

病院で性別が違うからいちいち説明するもの大変で…性別が違うので勤めてる会社側に提出する書類が……ときどき生まれてた時の性別に割り振られてるとすごく気分が落ち込みます……好きな人と結婚できなくて……などなど。

大変さが相手の医師やカウンセラーさんに伝わればOKって思ってます。

私の場合はいろいろあって、規定期間よりも早めに診断書を出してくれましたが、結構特殊ケースかなって思いますし、中には1日で診断書を出すクリニックもあったりなかったり……。

カウンセリングって大変w

【関連記事】
性別違和に気づくきっかけは恋愛?
各所での改名手続き
ホルモン治療はいつから始めた?
運転免許証の改名
性別適合手術とホルモン治療