初めてのダイレーション
術後約1週間ぐらいの頃、前日に「朝、ナースが患部の消毒に来るから」とアテンダーさんから言われて、その翌日、約束通りナースが来たので「あ、消毒するって言ってたもんなー」って思ってたら、なにやらいつもとは違う器具を手にしている。

瞬時に「あれはダイレーションに使う器具のダイレーターだ!!」と気づきました。

【関連記事】ダイレーション

「え?え?ダイレーションするの!?聞いてないんだけど!?え?え??」とテンパりまくり…。

いやだって、ダイレーションってめっちゃ痛いって噂だし、心構えとかいるじゃん?ナースに「今からダイレーションするんですか?」って聞かなきゃ!と思ったけど、ここはタイ!ナースに日本語は通じない!英語で!英語で伝えなきゃ!と思ったところで「ダイレーションって英語でなんて言うんだろう」って思ってしまった。

ダイレーションはダイレーションなのにね。よっぽどテンパってたんだと思います。

その後ダイレーションは初回ということもあって、自分が思っていたような過酷なものではなかったのですが、その話はまた別の機会に。


【関連記事】
ホテルの布団が血塗れになった話
性別適合手術とVIO脱毛
性別適合手術後にフェイスメンテナンスをしたときに思ったこと
豊胸手術とバストマッサージ
激痛☆バストマッサージ