セクシュアリティの知名度
結局のところ説明のしやすさが知名度と認知度に繋がってる気がする。異論は認める。

しかもLGB(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル)とそれ以外じゃ大きな壁がありそうだし、ストレート(ヘテロセクシュアル/異性愛)とLGBの間も大きな壁がありそう。

むしろ、異性同士の恋愛が異性愛だのストレートだのヘテロセクシュアルだの、名前が付けれてることすら知らない人もいそう。

知名度・認知度よりも自己肯定感が大事だとは思うけど他者に知ってもらうってのも大事だよなぁと常々思いますねぇ。

だからもっと「いろんなセクシュアリティがあるんだよ!」ってことをたくさんの人に知ってほしいなぁと思います。ひとつひとつのセクシュアリティを覚えてもらう必要はないのでね!

【関連記事】
いろいろなセクシュアリティ&ジェンダー
ノンバイナリーとXジェンダー
性分化疾患を扱うのが難しい理由
LGBTQの人にどこまで聞いていいの?
LGBTQの議論中に詰まること