スーパーマンがバイセクシュアルだとカミングアウト
【アメリカの出版社『DCコミックス』は11日、『スーパーマン』の最新号で“元祖”スーパーマンのクラーク・ケントの跡継ぎとなった息子のジョン・ケントがバイセクシュアルとして描かれていることを明らかにした。】

このニュースは入って来た時の私の感想は「ふ~ん」でした。というのも4コマ内で述べている通り、これまでにもスーパーヒーローやヴィランに性的マイノリティのキャラクターたちはいたし、アメコミの制作環境的にも様々なバリエーションのスーパーマンが存在するので、「たくさんいるスーパーマンのうちのひとりがバイセクシュアルっていう設定なんだな」くらいの感想だったのです。

それが日本のマスメディアに報道され、テレビのニュースでも取り上げられるや否や、スーパーマンの知名度も相まって是の意見も非の意見もワーッと広まって驚きました。

正直この盛り上がり方には「え?そんな騒ぐことなの?たかが性的指向だよ?」ってくらいで困惑の面が強かったです。ゲイの友人にも話を伺ったところ「そもそも性的指向がニュースになることがおかしい」「非の意見でもゲイフォビック、バイフォビックな意見も結構あって驚いた」とのことです。

それにしても4コマの内のスーパーヒーローたちのイラスト…私にしてはなかなかにうまく描けたような気がしますw(まさに自画自賛)

【関連記事】
性別移行中の施設利用
トイレの性別による色分けについて
医師からのカミングアウトの強要

某アイドルの結婚ニュースにて
履歴書の本人希望欄に性別違和について書こうか悩んでいます