オートガイネフィリア
以前オートガイネフィリア(自己女性会愛好症)についてのご意見をいただいたので、ここらでちょっと説明。相も変わらず「こんなのもあるよー」くらいに覚えてもらうといいです。
 
「オートガイネフィリア」は日本語では漠然と「自己女性化愛好症」と訳されていて、男性が自身を女性だと思うことにより、性的興奮する一種の性的倒錯です。それにしても「自己女性化愛好症」って凄い名称ですね……。ちなみに「AG」なんて略され方をする場合もあります。
 
つまり男性自身が女装することで性的な興奮したり、自分好みの女性になろうとしたり……中には女装している自分と恋愛したり、女性と性交渉する際も女装したりするパターンも。
 
ここの女性化はかなり度合いが違うらしくて下着だけ女装の人もいれば、性別適合手術をして法的な性別まで変えちゃう人もいるらしいです。
 
そうなると「性同一性障害とは違うの?」と言われそうですが、私個人の意見ですが、私自身は自分の姿に興奮とかないですし、女性化することに性的興奮なんて微塵もなかったので違うのかなーと。オートガイネフィリアに人は自身を男性だと自認してるところもまた違うのかなって思います。
 
あまりオートガイネフィリアは認知度がないのでオートガイネフィリアの人が性同一性障害と勘違いすることも多いんだとか。また中には区別する必要はないのでは?という人もいたりと、ここらへんは少し難しい。
 
ちなみに「オートガイネフィリアはトランスジェンダーか?」という問題があり、結果論としては「No」だそうです。確かに幅広い意味ではオートガイネフィリアもトランスジェンダー(性別移行者)ではありますが、GSRMの観点から観ると性的嗜好・性的倒錯のオートガイネフィリアは外れますしね。
 
いろいろ奥が深いのです。
 
【関連記事】
リスロマンティック(用語解説)
ノンバイナリー(用語説明)
デミセクシュアルとデミロマンティック
ヘテロフレキシブル
マセクシュアル/ウーマセクシュアル