トラニーチェイサー
今日は『トラニーチェイサー』というお言葉を説明します!ざっくり言うと性別移行してる人が恋愛対象、性欲対象だったりする人です。
 
ニューハーフヘルスやバーに通ったり、最近では男の娘カフェで出会いを求めたり、おなべバーやコスプレ男装も対象になったり。中には男性でも女性でもダメ!性別移行者じゃないとダメ!……って人もいるらしい。

▼あわせて読みたい▼
女性になる自分が好き?オートガイネフィリア(自己女性化愛好症)を説明
【セクシュアリティ】性的指向を性別で判断!マセクシュアル/ウーマセクシュアルを解説【LGBTQ用語解説】
 
ここらへんは個人差があると思いますが、顔も身体も女性なのにアソコは男性なところがイイ!手術もしてどっからどう見ても女の人だけど、戸籍は男なのがイイ!たまに男、たまに女になるのがイイ!などなど。
 
どういう点で性別移行者に惹かれるかは、かなり個人差がありますが、性別移行者の中にはトラニーチェイサーに好かれるのをイヤがる人もいます。性別移行者がトラニーチェイサーに好かれるってことは、望みの性として見られてない可能性があるってことなので。
 
ちなみに「トラニー」は性別移行者の蔑称らしいので使いどころには注意が必要ですね。
 
「トラニーチェイサー」は所謂スラングでして、一応『恋愛感情や性的欲求がシスジェンダー以外の人に向く』【スコリオセクシュアル(Skoliosexual)】というのがあるのですが、それらを同一視しているのか、区別しているのかは定かではないです。
 
【関連記事】
トランス フルタイム/ハーフタイム
ブルーボーイ事件
完パスと埋没
オカマ・オネエを使われると困る話
性自認=こころの性別 ではない