どうしてノンセクシュアルだけが…

どうして狭義のAセクシュアルとノンセクシュアルだけ毎回「日本では通じない」って言われなきゃいけないのですか?同じ和製英語であるXジェンダーが隣で注釈なしなのに…
【関連記事】

Aセクシュアル(用語解説)
ノンセクシュアル(用語解説)

そんなに毎回注釈してるかなぁ…してたらごめんなさい。ただ「Aセクシュアルとノンセクシュアル」と「Xジェンダー」は言葉としても大きく違うので、毎回注意深く説明してるかもです。


Xジェンダーって実は和製英語で、この言葉は日本でしか通じないと言われています。諸外国では「ノンバイナリー」「ジェンダークィア」とほぼ同義とされています。単語だけは一応日本国内だけで完結してしまうので、そこまで和製英語だとは何度も言わないのかなと。
  
その反面「Aセクシュアルとノンセクシュアル」はちょっと厄介。両方とも日本独自の使われ方をしているのですが、まずは「ノンセクシュアル」から説明。実は「ノンセクシュアル」も和製英語で、諸外国では「ロマンティック・アセクシュアル」と言ったりします。ここが厄介ポイントで、人によりますがノンセクシュアルのことを「アセクシュアル」「Aセクシュアル」と言ったりするので、まぁ混乱します。
  
そして「Aセクシュアル」。日本では「恋愛指向も性的指向もないセクシュアリティ」と言われることもありますが、それも日本独自の使われ方でして、諸外国で「Aセクシュアル(アセクシュアル)」と言うと上記のように「ノンセクシュアル」と混同されて「性的指向はないが恋愛指向はある」と誤解されがち。ちなみに諸外国では「アロマンティック・アセクシュアル」と言います。
 
【関連記事】
ロマンティック&セクシュアル(用語解説)
  
日本では恋愛指向(ロマンティック)と性的指向(セクシュアリティ)をあまり分けて考えないのがちょっと禍してる感じですね。
  
そこまで神経質にならなくてもと思われるかもですが、誤解されやすいポイントなので、私なり注意してる感じですかね。ご理解いただければ幸いです。
 
【関連記事】
「異性愛」の認知度
「ネカマ」は蔑称?
純女と純男
セクシュアリティの知名度・認知度
いろいろなセクシュアリティ&ジェンダー