タイ渡航初日の
タイ渡航1日目。私にとっては初海外のタイ。空港で待ち合わせをしていたアテンダーさんと合流して、アテンダーさんの車で移動します。

その道中、ノーヘルで危険運転するバイクとかもあって「タイすげー」とタイでの交通マナーの適当さに驚いていました。するとそんな私の様子を見ていたアテンダーさんが「みんな当たり前のようにノーヘルだけど、交通違反だからね、そこは日本と変わらない」と笑いながら教えてくれました。

▼あわせて読みたい▼
【性別適合手術】身上書とホルモン治療歴【性別違和】

そんな感じでアテンダーさんと会話をしていると、アテンダーさんが唐突に「実は言わなきゃいけないことが…」と、少し深刻な面持ちに、私も「え?なんですか?」と私も身構える。

「明日、カウンセリング予定だったじゃないですか。それ中止になるかもしれないです」

「チュウシニナルカモシレナイデス?」

一応、解説しておくと、タイで性別適合手術をするにはタイでカウンセリングをして「手術しても問題ない」っていうお墨付きをもらう必要があったので、カウンセリングというはある意味「性別適合手術の条件」のようなもの。

なので、私は「え?手術できるの?え?」とプチパニック。そんな私を知ってから知らずか、アテンダーさんと続けます。

「なので手術して落ち着いてからカウンセリングしますね」

「シュジュツシテオチツイテカラカウンセリングシマスネ?」

そんな感じのやりとり。ちなみに、カウンセリングは形式的なやりとりらしく、事前に送っていた身上書などなどでだいたい問題なくクリアーするらしいです。そしてカウンセリングができないかもしれない理由は、当時のタイを襲っていた大洪水でカウンセラーが病院に来れないかもしれないというもの……それなら仕方がないね。

まぁ次の日問題なくカウンセリングできたんですけどねw

ノーヘル

【関連記事】
【性別適合手術】タイ渡航までの1ヶ月半【元男子】
【性別適合手術】身上書とホルモン治療歴【性別違和】
【性別違和】性別適合手術決意までの流れ【性同一性障害】
性別適合手術に向けて英文の診断書をゲットした時の話【元男子】
【性別適合手術】手術前にタイについて調べていた時の話