ドレーン抜きのプロフェッショナル
基本的になんか軽いノリでいろいろ処置してくれるタイの病院。今回も「膣内のドレーン抜いちゃうね!」と軽い感じ言われました。

私は痛いのが苦手なので思わず「イタイ?」と聞くと、アテンダーさんは「少しね」と前置きしつつ「このナースはめっちゃ上手いから大丈夫!」と安心する言葉を貰いつつも、やっぱり少しは痛いんだと覚悟を決める。

▼あわせて読みたい▼
【性別適合手術】術後の血液ドレーンを抜く【元男子】
【性別適合手術】タイでの点滴話【元男子】


その後タイ人のナースの「イタイ?」という日本語と日本人の私の「ノー」という英語の謎のやりとりの最中にあっさりドレーン抜きは完了。痛みも特になく、本当にあっさり。

アテンダーさんの言う通り、本当にドレーンを抜くのめっちゃ上手かったです。というかタイ滞在中の私は基本的に痛みにビビりすぎですねw

【関連記事】
【性別適合手術】術後の血液ドレーンを抜く【元男子】
【性別適合手術】真夜中のナースコール【タイ】
タイで飲んだ緑茶の衝撃【日常】
【性別適合手術】術後直後のお食事【タイ】
【性別適合手術】術後の覚醒室の朝【元男子】