女ともだちと結婚してみた


あらすじ

時間を自分のために使える生活を謳歌している、くるみ。

結婚してみたい気持ちもあるが自分のための生活をやめたくないという彼女に、友人の瑠璃子は5年後もお互い独身だったら結婚してみようという約束を持ちかける。

そして5年後、互いに独身だった二人は約束どおり婚姻届を提出して結婚、妻と妻になるのだった。

女ともだちと結婚してみた02
漫画『女ともだちと結婚してみた。(著:雨水汐)』より

感想

『女ともだちと結婚してみた。』は雨水汐による漫画で、一応百合ラブコメになるの……かな?でも恋愛感情ではなく、友達どうしで結婚してるから違うのかな?といった感じ。

同性婚が法制化した世界線で、ほぼノリと勢いで結婚した女の子同士の結婚生活日常漫画といった作品で、結婚生活といえど、あくまでも友達同士での結婚なので、

恋愛要素は薄く(これからそっち方面に発展しそうでしないような雰囲気はある)、それでもお互いがお互いを想い合ってることが分かるので、二人の仲睦まじさを楽しめる作品でもあります。

女ともだちと結婚してみた03
漫画『女ともだちと結婚してみた。(著:雨水汐)』より

ルームシェア?結婚生活?

この作品のポイントは、結婚したとはいえ恋人のような恋愛関係になったわけではなく、あくまでも友達同士ということ。

法的に婚姻関係にあるとはいえ、お互いの距離感は友達時代から変わっておらず、当然肉体関係もないし、なんならお互いの生活リズムも違うため、食事の時間も寝る時間もバラバラという。

これって結婚って言うよりルームシェアでは?って思ったりもしますが、そこがそうとも言えないのがこの作品の面白いところ。

なんだかんだでお互いがお互いを想い合っていて、流れで結婚したような感じではあるものの、結婚生活を壊したくない、続けたいと思っていて、生活リズムが全く違うのに「ちょっと合わせてみよう」なんて思えたりするのです。


女ともだちと結婚してみた05
漫画『女ともだちと結婚してみた。(著:雨水汐)』より

瑠璃子の想いとくるみのノリの良さ

おそらくですが、結婚することを提案した瑠璃子は相手に恋愛感情を抱いている描写があります。

5年後に結婚をしようと約束をし、その5年後きっかりに仕事で行っていたパリから帰国し、空港から市役所に直行して婚姻届をもらい、そのままくるみに突きつけていたりして、結婚に漕ぎつけています。

読んでいて分かる愛の重さ。

そして反面、くるみはノリで結婚の約束をして、ノリで結婚をしたような人物。多分、感覚的に「家事の得意な友達とルームシェア」感覚で、さらにもっと言えば「連載のネタ」のような感覚。

この二人のちょっと歪な関係性がどう変化していくのかも見どころです。

女ともだちと結婚してみた04
漫画『女ともだちと結婚してみた。(著:雨水汐)』より

まとめ

読者視点から見ると「憧れの人との結婚生活」を楽しんでる瑠璃子と「一時的なルームシェア」を楽しんでるくるみといった構図が、なんとも面白い作品で、本来であれば恋愛感情→価値観のすり合わせ→結婚っていう流れを逆行しているのは斬新。

気持ちだけは今のところすれ違ってる2人ですが、不穏なことにはならないだろうという幸せの安心があって、この2人の行く末を見守っていきたいと思える作品です。

女ともだちと結婚してみた01
漫画『女ともだちと結婚してみた。(著:雨水汐)』より

【関連記事】
【憧れのあの人の正体は…?】つれないほど青くてあざといくらい赤い【漫画】
【スイーツオフ会×女装男子】女装してオフ会に参加してみた【漫画】
【配偶者からのカミングアウト】夫は実は女性でした【LGBTQ/コミックエッセイ】
【女体化(?)BL?】小林先輩は女の子でシたい【漫画】
【“フツウ”じゃない2人】君に好きと言えるまで【漫画】