男性の恋愛は名前を付けて保存、女性は上書き保存

恋愛において男性は『名前を付けて保存』女性は『上書き保存』って聞きますけどどう思いますか?

もちろん人によりけりですが…
私自身はあながち当たってるなぁって思うことも多いです…

※恋愛において男性は『名前を付けて保存』女性は『上書き保存』→男性は別れた恋人一人ひとりとの思い出を大切にする一方、女性は新しい恋人ができると過去の恋人との思い出を切り捨ててしまうという傾向を分かりやすく説明した言葉

かなーり私の主観ですが、失恋したときに切り替えが早いのは女性で、多少引きずる子でも男性のそれよりは切り替え早い。対して男性は新しい恋愛に向かっていても「アイツは…」と元カノのことを言っているような気がします。


結婚相談所で働いてる友人に話を聞くと「女の人は結婚適齢期とか妊娠出産のこと考えるとズルズル引きずってる暇ない」「反対に男性は恋愛に執着より思い出に執着」とのことで、そもそもひとつの恋愛に向き合う時間や、恋愛に対しての向き合い方が男女で違うって感じなんですかね?

また別の人に話を聞くと「ぶっちゃけ個人差が大きい」と前置きをしたうえで「恋愛する機会の少ない人は「名前つけて保存」しがちだし、恋愛に積極的な人は「上書き保存」しがち」「失恋の痛みの癒えに新しい出会いを求める人と思い出に求める人で違う」し「他者への依存度でも違ってくる」とのこと。

恋愛の経験値で差が出るのもなんか分かる気がします。

皆さんの意見はどうかな?