術後のホルモン治療の量や頻度は変わった?

ホルモン治療の回数や量、頻度は性別適合手術後で変化しましたか?

しました。私の場合術後と術前で半分くらいになりました。

性別適合手術に限らず睾丸摘出手術など、性ホルモンを身体が大量に作られなく成ったら、当然服薬するホルモン薬の量は変化し、内容も変化します。

例えば、今まで男性ホルモンをブロックするために服薬していたホルモン薬は、性別適合手術後は服薬しなくて良くなるし、それまでホルモン治療の効果を得るために多かった量は減らされます。

大多数はホルモン治療薬の量が減るので、月々のホルモン治療にかかる費用もかなーり安くなります。性別適合手術をする人に中には「ホルモン治療費がバカにならないから」という理由の人もいたり…。

▼あわせて読みたい▼
【質問】性転換手術後もホルモン治療は絶対?【性別適合手術/性同一性障害】
【性転換手術】性別適合手術とホルモン治療【トランスジェンダー】


私の場合は錠剤だったので、術後は担当医と検査結果を見ながら、量を調整していきました。

頻度に関しては基本的に変わりません。これは人間の体の構造上、しょうがない。

錠剤の場合でも毎日ですし、注射の場合も1~2ヶ月間隔だと思います。ここらへんは担当医で判断変わってくるかも?

参考までに!